このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

以下より、ログインするサービスを選択してください。

インターネットで保険商品を申し込み中の方

インターネット申込の再開、お申し込み状況の確認などを行うことができます。

インターネット申込サービス 再開/状況確認

ペーパーレス手続申込(対面)で保険商品を申し込まれた方

お申し込み関連書類、約款などの確認を行うことができます。本サービス専用の「お客さまID(数字11桁)」をお持ちの方がご利用いただけます。

ペーパーレス手続申込 オンライン書類確認サービス

ご契約者の方

ご契約内容の照会や住所変更、その他書類のダウンロードなどを行うことができます。(Eから始まる10桁のID「Exxxxxxxxx」をお持ちの方)

インターネットサービス

疾病予防から治療後のケアの段階まで幅広いサポートサービスの専用ダイヤルの確認のほか、お得なレジャー・旅行メニューをご利用いただけます。※リロクラブのサイトに遷移します。

メットライフクラブ

ここから本文です。

当社のダイバーシティ&インクルージョンに関する取り組み

ダイバーシティ&インクルージョンの推進のため、当社では社内外においてさまざまな取り組みを行っています。

社員への支援

福利厚生制度

現在の少子高齢社会を迎える日本において、女性の社会での更なる活躍や男女を問わず求められる介護など、多様な個人環境に対するさまざまな支援や働き方が求められています。当社では、そういった社員のさまざまなニーズにこたえるために、育児支援(短時間勤務制度、時差出勤や看病休暇制度など)や介護支援(短時間勤務や介護休暇・休業など)、他にも在宅勤務制度など、多様性に合わせた制度を用意しています。

なお、メットライフ生命での女性社員の育児休暇復職率は、93.4%と高い数値を保っています。

社員教育

社員教育では、以下の教育プログラムを提供しています。

  • 女性のニーズに特化した、ウィメンズ・リーダーシップ・ディベロップメント・プログラム
  • 無意識の先入観
  • Inclusion Matters
  • カルチュラル・フルーエンシー(文化に対するリテラシー)

社内女性ネットワーク組織

メットライフ生命では、様々な女性ネットワーク組織があります。

  • Japan Women’s Business Network(JWBN): 女性社員のキャリア形成や女性ならではの問題に対する支援を行うネットワークグループ
  • ルーシーズ(Lucy’s): 女性のお客さまに対してのニーズやソリューションを考え、実行するマーケティングや営業に関わる支援を行うグループ

その他にも、営業部門各地にて立ち上げた女性支援ネットワーク組織も活動を行っています。

女性に特化した目標と施策

メットライフ生命では、2020年までに女性管理職率を30%にするという高い目標を掲げています。その目標の実現に向けて、女性の育成のための研修の実施、多様な状況に活用できる福利厚生制度の提供などさまざまな施策や取組みを行っています。また、雇用においては、採用過程において候補者の男女応募状況を確認し、職務にあった人材の採用を実施しています。今後も女性の育成や性別にとらわれない適正かつ公平な雇用をしていくために、継続して取り組んでまいります。

社会への支援

WAW! Tokyo公式サイドイベント、シャイン・ウィークス「メットライフ生命シンポジウム」

WAW! Tokyoの発足時の2014年から2年にわたり、多様性のある職場環境の実現に向けてメットライフ生命シンポジウムを開催しています。

TOMODACHI MetLife Women's Leadership Program

当社のCSR活動の一環として、在日米国大使館と公益財団法人米日カウンシル・ジャパンとのパートナーシップを通じて、次世代の女性リーダーの育成を目的に「TOMODACHI MetLife Women's Leadership Program」を2013年から支援しています。
詳細は当社のCSR−企業の社会的責任をご参照ください。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」への参加

当社のCEOであるサシン・N・シャーは、輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 別ウィンドウで開きます  の行動宣言に賛同、男性リーダーの一人として会に参加しております。この行動宣言は、メットライフ生命がダイバーシティ&インクルージョンに対するコミットメントと共通するもので、これからも男性リーダーとして、女性の活躍にさまざまな形で支援を行うことを宣言するものです。

最終更新日:2016年12月15日