このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife メットライフ生命

ここから本文です。

大阪セントラルエイジェンシーオフィス

ニュース | 年頭所感
2010年 年頭所感

今年の前半はまだまだ我々にとって厳しい環境が続くだろう。
未曾有の不景気で関西の景気は回復する兆しもない。
当社もクレジットカードの問題の責任を求められるだろう。

しかし、明るい太陽は間もなく我々の頭上に昇る。
愛をもって周りの人々を照らす人に最高の年となる。
大きな愛をもって此の暗闇で迷っている人達に目標を持って生きることの素晴らしさを伝えよう。
苦しい現実から逃げることより戦うこと、挑戦することを共に誓おう。
人生における最高の果実は自らの成長によって得られること。
たくさんの障害を乗り越えて大きくなった器に山盛りの果実が入る。
それを分け与え多くの人達に支持をされる人が成功者となる。
太陽の光をいつも背に受け正しい道を歩こう。

今年もメンバーの皆さんにリーダー全員の愛をもって課題を与えよう。

まずは、ハワイキャンペーン。
夢の島に一緒に行こう。厳しい時期に自らのやり方を創意工夫し、高い目標をやり遂げる。
しっかりと個人保険を一家まとめてコンサルティングすること、勇気をもって見込み拡大することが近道である。
跳び箱10段40名以上の入賞。イヒラニリゾートが至福の癒しを与えてくれよう。
それともう一つ夢がある。
跳び箱3段を全員で跳びたい。侮ると失敗する。
この仕事の基本がしっかりできていないと毎月飛び越えられない。
基本に立ち返れば容易に達成できる。
今年度中に全員で単月達成したい。できれば祇園で大宴会をしよう。
2か月連続達成で表彰しよう。今年一年連続達成者は年末旅行へ。
そしてトップセールスが欲しい。みんなの夢となり卒業予備軍だ。
10名のプラチナクラブ入賞者が欲しい。

最後にメンバーの皆さん。うちにきてくれてありがとう。
出会いは必然、共に戦い磨き合う運命共同体。ひとりひとりの夢をつかむ営業学校。
ひとつになった我々が、全国1位にならなければならない。


2010年 元旦
大阪セントラルエイジェンシーオフィス
濱田 一男



2010年年頭所感について

元旦、年末の東京旅行で風邪を引いてしまい(後で病院で診察してもらうとインフルエンザとわかる。しかも、息子と親子で。病院で看護婦さんに笑われる。)咳と熱で最悪の状況で信貴山に初日の出を拝みに出かけました。
日の出時刻は、AM7:00ということで私だけのスポットに5分前に到着。
黒い雲が空一面に広がり全くご来光の気配もない。30分過ぎても辺り一面真っ暗で、初日の出を見に来ていた人達も次々にいなくなりました。
私は、あきらめないのを信条にしており、例え次の日になろうが待とうと決めてましたので気にせず車で鼻をかみながら待っていました。(ちなみに初詣のおみくじも大吉が出るまで引き続けます。)

それから30分程してAM8:00頃です。
周りがぱっと明るくなり、見上げると空が青空に変わっているではありませんか。
そして太陽が目の前の雲からまさに頭を出そうとしていました。
その太陽の周りはきらきらと輝き暗黒の世界がそこから光の世界に変わっていきました。
それから無我夢中に携帯のカメラでシャッターを押しまくりました。
安堵の気持ちと悪寒を持ち自宅に帰りました。

しばらくして年賀状が届き何気なく見ているときに、「アッ」と気が付きました。
この3年程年賀状は3種類作っています。既契約者用、知人用、メンバー用。
このうちメンバー用はデザイン事務所に作成してもらっているのですが今年は出来上がりが遅れ、28日になり慌ててコメントを送別会の後の電車の中で書いて投函したのですが、「あ〜ぁ、切手を貼り忘れた。今日みんなのところに届いていない。」
茫然としました。
しかしあきらめてはいけません。コンビニエンスストア2件回って年賀はがきと切手を購入し30枚程余分に持っていた分と妻作成の年賀状をプリントして夕方やっとでき投函しました。

その後病院でタミフルをいただいたのです。
次の日、熱も下がり昨日撮った写真を見てみると光り輝く太陽より一筋の光が前方に伸び先端が真っ赤なハート型になり私に迫っている奇跡のカットがありました。
これは、今年一年周りの人達に大きな愛を与え続けることが私の使命だと。
寅年にここに降臨されたと言い伝えられている毘沙門天のお告げだと信じ、全ういたします。
その想いをもって、年頭所感を書き上げました。




オフィス一覧へ戻る

A採 1502-0054