このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife メットライフ生命

ここから本文です。

大阪セントラルエイジェンシーオフィス

ニュース | 年頭所感
2012年 年頭所感

辰年の初日の出。
写真を撮れば6つの光が太陽より拡がっている。
よく見れば3つの光が正三角形を成し上下に重ねてみれば六芒星「ダビデの星」に見える。
ダビデ王は古代イスラエルの王であるが羊飼いから身を起こし、
竪琴の名手であったため、初代サウル王に呼ばれその音色で彼の病気を治した。
その後武功を重ね、ついに王を継ぐことになる。

何を意味しているのか?
「今年は王道を極める年としよう。」
ダビデのように剣や槍を頼らず、正しい事をやり続けることで
我々は成長し、頂点を極める年としよう。


2011年、我々は多くの困難に向き合った。
・お客さまの支持を得られず、成果を出せない事・・・生産性の低下。
・成果を出せない事で収入が下がり、結果退職となった仲間達・・・退職者の増加。
・安易な成果を求め、不詳事故を起こしてしまった・・・事故の多発。

何が足りなかったのか?
お客さまの支持を得る努力が足らなかったのではないか。
リーダーはコンサルタントの支持を得る努力が足らなかったのではないか。


2012年は、コンサルタントはお客さまのリーダーはコンサルタントの支持を得る年にしたい。
どうすれば支持を得られるのか?それは当オフィスの三種の神器の名刺入れに答えはある。
「愛情の反対は憎しみではない。無関心な事である。」
深い愛情を持つことで、相手の心を溶かし良好な人間関係を築ける。
支持を得るには他に方法がない。
自分中心の考え方は、人に受け入れられず成功を阻害する。
相手の幸せを願う心が、結果その問題解決に熱意を持ってあたる事となり
知識やスキル向上につながる。
問題解決をいっしょに実行する事が成果となる。
今年は会う人に溢れるばかりの愛を持って接しよう。
それは昨年の「始まりの時」に植えられた種が、大きく成長する事をサポートしてくれるであろう。
生産性が向上しめちゃめちゃ楽しい一年となる。


今年は辰年、太陽に向かって昇りゆく成長の年となる。
そして、大阪セントラルエイジェンシーオフィス、高知エイジェンシーオフィス、
大阪ユニバーサルエイジェンシーオフィス、おおさかエイジェンシーオフィス。
大阪セントラルグループが会社を変える。
お客さまに、社員に支持を得る会社へと変えるのである。


2012年1月1日
大阪セントラルエイジェンシーオフィス
濱田 一男





オフィス一覧へ戻る

A採 1502-0054