このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife メットライフ生命

ここから本文です。

大阪セントラルエイジェンシーオフィス

スタッフ | コンサルタントの部

吉岡 聖起 <エグゼクティブコンサルタント>
日本FP協会会員(AFP) 2005・2006・2012年度MDRT成績資格会員

●プロフィール
昭和61年に某証券会社に入社。東京・大阪・新潟の延べ5店舗で個人営業および営業課長として15年半勤務。平成13年9月に当社に転職。個人様から法人様まで広範囲に対応可能な一家に一台の汎用型。


●ニッポンの大いなる憎まれっ子、生命保険。
大半の人が加入しているのに、殆どの人が興味を持っていない不思議なシロモノ。毎月支払う保険料は生活する為の必要経費。一種の税金の様な感覚で、出来る事なら払いたくはないが、全く払わないのも何か居心地が悪い・・。(ちなみに納税は国民の義務でございます。) この妙な存在感を持つ生命保険なる物は時に人々に嫌悪を感じさせ、それを生業とする職種は付き合いたくない職種の最右翼となります。

かく言う私も前職時代は、会社に来る保険の営業の方と目を合わさない様にする事を美徳とし、頼みもしないのにデスクの上に置いてあるパンフレットやチラシを即座に資源ゴミとしてリサイクルの道を歩ませる事を日課としておりました。

でも私は当時もちゃんと生命保険に加入していたのです。
生命保険が嫌いであるにも関わらず、必要性は漠然と感じている典型的なニッポン人だった訳です。

生命保険を好きになる必要は無いと思います。趣味にして面白い物でもないでしょう。でも漠然とした義務感だけで嫌いな物にお金を払うのは悲しいものです。

貴方にとって、どんな保険が本当に必要なのか?正確に理解出来れば少なくとも嫌いではなくなる筈です。まず、それを私にお話させて下さい。パンフレットをお見せするのは、その後でいいでしょう。

オフィス一覧へ戻る

A採 1502-0054