フレキシィ[シンプルタイプ]の加入傾向

  男性 女性
入院給付金日額 5,000円 71% 10,000円 29% 5,000円 81% 10,000円 19%
退院後の通院保障 付ける 57% 付けない 43% 付ける 54% 付けない 46%
七疾病での入院保障延長 付ける 65% 付けない 35% 付ける 50% 付けない 50%

集計期間:2014年9月2日〜2016年10月31日(当社インターネット経由の通信販売におけるお申し込み実績)

※比率は小数点以下第1位を四捨五入しています。

フレキシィ[女性専用タイプ]の加入傾向

入院給付金日額

-

●女性専用タイプは日額5,000円プランのみとなります。

退院後の通院保障 付ける 78% 付けない 22%
七疾病での入院保障延長 付ける 73% 付けない 27%

集計期間:2014年9月2日〜2016年10月31日(当社インターネット経由の通信販売におけるお申し込み実績)

※比率は小数点以下第1位を四捨五入しています。

Flexi(フレキシィ)開発者の声 みんなの声と思いが詰まった、王道の医療保険「フレキシィ」 商品開発推進部 鐘築 知子

4,000名を超えるアンケート調査から、医療保険の役割を再確認

フレキシィは、当社医療保険の5年ぶりとなる大型改定でしたので、医療保険に求められている役割を改めて見つめ直すべく、できるだけ多くの方からの"声"をいただくことに注力しました。

病気になった体験をお持ちの方を含む4,000名を超える一般の方へのアンケート調査(2013年11月実施)などを経て、私たち開発チームが描いた商品案がお客さまが求める医療保険にかなったモノになっているのか、一つひとつ指差し確認するように開発を進めていきました。これらは時間のかかる作業でしたが、それが、お客さまに"病気やケガをしても、これがあればひとまず安心"と感じていただけるような、「王道の医療保険」をつくり上げることにつながると信じたからです。

入院が長期化しがちな七疾病と通院治療に備える組み合わせをベースに

現在、病気の治療は入院でほぼ完治を目指す方向から、早期に自宅に戻り、通院治療で完治を目指す方向にシフトしています。
しかし、長期入院を要する病気があることも事実。

フレキシィでは、「退院後の通院保障」と、7つの病気による入院を日数無期限で保障する「七疾病での入院保障延長」のオプションを組み合わせることで、退院後の通院治療に備えながら、入院が長期化しがちな疾病には手厚い入院保障を備えておくというプラン設計が可能です。この組み合わせをベースとし、さらにお客さま一人ひとりのニーズにあわせたプラスアルファの保障もご検討いただけるようにしました。

  • ●七疾病とは、ガン(悪性新生物・上皮内新生物)・糖尿病・心疾患・高血圧性疾患・脳血管疾患・肝疾患・腎疾患を指します。

お客さまに、より大きな究極の安心感をお届けするために

フレキシィでは、お客さまに対してより大きな"安心感"をお届けしたいという目標がありました。その"安心感"の一つが「七疾病での入院保障延長」における入院日数無期限の保障です。しかし、商品化検討の中で、社内からは「ある程度長期の入院保障があれば十分なのでは?」、「ガン以外の病気に対する入院日数無期限の保障はこれまでの販売経験がない。7つの病気へ広げるのはリスキーだ」という慎重な意見もありました。

「確かにその通りなのかもしれない」と、いったんは納得しかけたのですが、やはり「最長○日までと日数無期限では安心感が違う!」と、お客さまの視点に立ち戻り、各部署との調整に奔走しました。
そうして誕生した「七疾病での入院保障延長」は、発売後、多くのお客さまに選んでいただけている人気のオプションとなりました。

  • ●2015年1月当時のインタビューをもとに作成しています。

D1611-0007