このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

  • NEW 治療後について

    簡単にはもとの生活に
    戻れません。
    支えてくれる人の存在が
    大切です。

  • 経験者から「知る」がん治療経験者のみなさまにアンケートを行いました。

    メットライフ生命では、がん治療経験のある約800名の方に
    調査を行いました。その調査結果から知り得た情報や
    経験したからこそわかるリアルなお声をお伝えしてきます。

  • 「生き方を考える」がん体験者による座談会【ご本人によるおはなし】
  •  
  •  
  •  

「しっかりと考えたうえで、治療方法の選択をしたから後悔はなかった」と、がん治療の経験者はいいます。

「がんと向き合うためのFIRST GUIDE」では、それぞれの段階で知っておきたいこと、
やっておくとよいことを、がん治療の経験者の声をもとにまとめました。

冊子「がんと向き合うためのFIRST GUIDE」見本

冊子「がんと向き合うためのFIRST GUIDE」のご案内

冊子では、知っておきたいこと、やっておくとよいことに加え、
ご自身で書き込みができるページも作りました。さまざまな疑問や不安、
そしてあなたの想いを書いてください。
書くことで頭の中が整理されていきます。

がんの疑いがある

検査の結果が出るまでは、大きな不安を抱えて過ごす方も多いでしょう。
とくにこの時期は、不安を助長させないような情報の集め方をしてみてはどうでしょうか。

検査結果を聞く・診断を受ける

検査の結果を受けてがんと診断された場合、医師の説明を理解するのはもちろん、自分の気持ちもしっかりと医師に伝えられるよう準備しておきましょう。

治療方法を決める

治療方法や治療する病院の決定は、今後の人生にかかわる大きな決断です。
仕事、自分の将来、家族のことを考え、治療方法を選ぶ視点を持つことも必要です。

治療にのぞむ

治療にのぞむ時、不安や怖さを感じない人はいないはずです。そんなときは、どんな小さなことでもいいので、自分なりの楽しみやよろこびを見つけてください。

通院治療や定期検診を受ける

治療が一段落して療養生活に入ったら、体や心の声を聴きながら、少しずつ、がんばりすぎずに日常の生活を取り戻していきましょう。

経験者から「知る」

メットライフ生命では、がん治療経験のある約800名の方に調査を行いました。その調査結果から知り得た情報や経験したからこそわかるリアルなお声をお伝えしてきます。「がんと向き合うための」最初の手がかりとして、ぜひご参考ください。

アンケート調査

がんと向き合うためのFIRST GUIDE

がんと告げられたとき、誰もが不安と混乱で
いっぱいになります。
でも、いつどのタイミングで何を知り、
何を考え、何を決めていけばよいかが
わかっていれば、
不安や混乱を少しでも
減らすことができます。
そして、自分らしく生きていくための
第一歩を踏み出すことができます。
がん治療がはじまるあなたの支えになる
ように、私たちはこのガイドを作りました。

START

MetLife 生命保険のメットライフ生命