このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

上手な情報の集め方

不安な気持ちから、やみくもにインターネット検索しがちですが、
情報によっては、かえって不安を助長させるものもあります。
信頼できる団体や公的機関などが発信し、科学的根拠に
基づいた信頼できる情報を集めるようにしましょう。
下記Webサイトは、公的機関や信頼のできる団体が発信している、
科学的根拠に基づいた情報源です。医学用語の理解が困難な場合には、
患者さんの目線で、わかりやすく説明しているWebサイトもあるので、ご参考ください。

がん情報を入手できるサイト一覧

  • 国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報サービスhttp://ganjoho.jp

    国立研究開発法人 国立がん研究センター がん対策情報センターが運営する、がんに関する情報を提供するサービスです。がんについて信頼できる最新の正しい情報を、患者さんやそのご家族だけでなく、一般の方や医療関係者に対してもわかりやすく紹介しています。

  • 国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報サービスがん相談支援センターを探すhttp://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpConsultantSearchTop.xsp

    全国にあるがん相談支援センターを検索することができます。電話でお近くのがん診療連携拠点病院を探すお手伝いをしてくれる「国立がん研究センターがん情報サービスサポートセンター」の電話番号も掲載されています。

  • 先端医療振興財団 臨床研究情報センター がん情報サイトhttp://cancerinfo.tri-kobe.org/

    米国国立がん研究所(NCI)と日本で唯一ライセンス契約し、(公財)先端医療振興財団 臨床研究情報センターが運営している、がんに関する最新情報を配信するWebサイトです。がんの種類ごとにトピックスを要約したものや、臨床試験、専門用語、薬剤情報が検索可能です。Webサイト内の専門用語は、クリックするだけで意味を調べられるので便利です。

  • 日本癌治療学会 がん診療ガイドラインhttp://www.jsco-cpg.jp/index.html

    診療ガイドラインは科学的根拠に基づいて、系統的に収集し整理した診療に関する情報や検討結果を、参照しやすい形にまとめたものです。種類や部位別に診療ガイドラインを簡単に検索できます。専門家向けなので少し難易度が高くなっていますが、それぞれのがんの専門学会による正確な情報を見つけることができます。

  • 医療情報サービス Minds(マインズ)http://minds.jcqhc.or.jp/

    日本で公開された診療ガイドラインを収集し、評価選定をしたうえで、ホームページ上に掲載しています。がんも含む、医療提供者向けの診療ガイドラインを一般向けにわかりやすく説明しているので、上記の日本癌治療学会「がん診療ガイドライン」のWebサイトでわからない場合は、こちらでお調べください。

  • 認定NPO法人キャンサーネットジャパンhttp://www.cancernet.jp/

    がん患者さんが「本人の意思に基づき、治療に臨むことができる」ために、患者擁護の立場から、科学的根拠に基づくあらゆる情報発信を行っているWebサイトです。がん医療セミナーの開催情報の確認、がん患者さんやご家族向けのがん情報誌のダウンロードも可能です。

  • がん情報サイト オンコロhttps://oncolo.jp/

    がん患者さんやご家族、がん医療にかかわるすべての人に対して、がん医療情報を一般の方々にもわかるような形で発信しています。臨床試験情報やがんに関する学術的なニュース、実際にがんになった患者さんの体験談などが紹介されています。特に、臨床試験の話は一般的には取得しづらいので、こちらのWebサイトをご参考ください。

  • MSD oncology がんを生きるhttp://www.msdoncology.jp/

    医療用医薬品を提供するMSDのWebサイトです。がんの基礎知識から、最新の免疫療法まで、簡易な言葉で説明されています。また、がん治療時に受けられるお金のサポートや、食事のアドバイスなどの情報もあり、がん治療のためのポイントをつかむのに適しています。

  • 各市区町村の窓口

    高額療養費制度は、自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が支給されます。国民健康保険の加入者が自己負担限度額を超えた場合には、各市区町村が窓口になるので、不明な点があれば、各市区町村の国民健康保険課などにご相談ください。

  • 健康保険組合

    会社員や公務員の人は、協会けんぽや組合保険などが高額療養費などの窓口となります。勤めている会社によっては、治療や療養時に利用できる制度があるかもしれません。会社の健康保険組合の制度を一度ご確認ください。

  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)http://www.kyoukaikenpo.or.jp/

    中小企業などで働く従業員やそのご家族が加入する健康保険を運営する全国健康保険協会Webサイトです。利用できる制度や手続きについて詳しく、説明されています。また、加入者の場合は申請書のダウンロードも可能です。