このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

生き方を考える がん体験者による座談会【ご家族に対するおはなし】

2
「術後の生活の変化、
家族への思い」
〔男性・女性編〕

[家族への思い・男性編]
"子どもへの思い" 子どものためではなく、自分が一緒にいたいから生きる

子どもは、上はまだ当時4歳でした。なので「お腹の病気だよ」と伝えただけで、まだ具体的な症状は知らないと思います。これまでは子育てに参加していなくて、病気になってから接する時間が増えました。それで、「パパ、好き好き」って、なついてくれるようになったのですが、その分わがままになってきたのが悩みです。下の子は産まれたばかりなので、今度はどのタイミングで伝えるかを考えていきたいです。
山田
うちは7歳と4歳です。その年ごろだと死が何かわからない。僕も死の概念を説明できないので、伝えきれてないと思います。でも、半年、家にいたので動かないなりに子どもたちとコミュニケーションがとれたし、今では妻と子どものとり合いになっています。
長谷川
私は5年になりますが、これまで子どもにはがんとは伝えていないです。定期的に病院に行っていることを認識してもらっていればいいと。当時は2歳だったし、本人は覚えてないみたいですね。でも、そのとき私は「子どもの成人式や結婚式に出られないのかぁ…」と、ひどく落ち込んだのを覚えていますね。せめてそこまでは見届けたいですね。今は、一生懸命勉強しても何があるかわからないし、子どもには「すくすくと育ってくれたらいいよね」と思っています。
山田
親の心、子知らず。そんなに気にしてくれない。自分が子どものときのことを振り返ると、親の病気はそんなにショックでもなかった。「子どものために生きる」といってしまうと「僕のせい?」と感じるかもしれない。がまんさせられているのがプレッシャーではないかなと思うので、「僕が子どもといたいから生きる」と思っています。
僕は今、生きている。それを続けていくだけですね。

[家族への思い・女性編]
"子どもへの思い" 母の病気を知ったとき、子どもたちの葛藤

河村
告知されたときに一緒にいた長男は、当時まだ5歳で、病院で何をいわれたのかもわかってなかった。私は子どもの前で泣きました。でも、その空気は伝わりますね。子どもは不安定になると、いうことを聞かなくなります。月日とともに、今は落ち着いてきました。
佐々木
娘が中3の6月にがんとわかって、一緒に買い物に出かけたときに話しました。全然気がついてなかったみたいで、その場で泣きましたね。そして「私はどうしたらいい?」と聞かれたのを覚えています。でも、いざ治療に入って、私の具合が悪くなると娘もいっぱいいっぱいになって、一時期は荒れました。笑わなくなって、「この家に帰ってきたくない」とまでいわれて。
森田
がんでなくても、そうなったのかも。
佐々木
ちょうど思春期の反抗期と重なったのですね。どう扱っていいのか悩んで、メンタルの先生に相談しました。そうしたら「お子さんの反応は正常」といわれて、ホッとしました。家庭で思っていることが出せているのは悪くないし、逆にいい子になるほうがあとで危ないと。彼女が自分で乗り越えたときに落ち着いてきました。
森田
うちは一人息子が生まれてすぐだったので、生活面では、すごく変わった。まず手術のときは義理の母にみてもらって、ミルクをあげてもらいました。抗がん剤治療になったら授乳はダメなので。一番つらかったのは断乳ですね。ショックでむなしかった。でも、義理の母にきてもらって本当に助かりましたよ。二人じゃどうしようもなかった。サポートがあってよかったと感謝しています。
1    2
*本内容は座談会参加者、ご本人に体験談を語っていただいた際の内容をご本人の了承を得て掲載しております。

座談会パーソナリティプロフィール

西口 洋平さん

西口 洋平さん
(にしぐち・ようへい 37歳  子ども1人 [8歳]  妻39歳)

35歳のときに「ステージIVのがん」の告知を受けた経験から、子どもを持つがん患者が、同じ境遇の方を探すことができ、支え合えるサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げる。
https://cancer-parents.com
現在も、週に一度通院による抗がん剤治療を続けながら、会社で働きつつ、キャンサーペアレンツの活動に取り組んでいる。

座談会出席者プロフィール

  • 山田 祐資さん

    山田 祐資さん
    (やまだ・ゆうすけ 37歳)
    子ども2人 [7歳・5歳]  妻37歳

    2016年に小腸がん発病、ステージIVと診断される。

  • 関 直行さん

    関 直行さん
    (せき・なおゆき 40歳)
    子ども2人 [8歳・0歳]  妻39歳

    2013年に膵臓がん発病、同年11月の手術後にステージIVaと診断される。
    2017年4月、第2子が生まれたばかり。

  • 長谷川 祐一さん

    長谷川 祐一さん 仮名
    (はせがわ・ゆういち 37歳)
    子ども1人 [7歳]  妻36歳

    2011年に悪性リンパ腫発病、現在は寛解。

  • 佐々木 奈緒さん

    佐々木 奈緒さん 仮名
    (ささき・なお 49歳)
    子ども1人 [15歳]  夫49歳

    2016年に乳がん発病、ステージIIと診断される。がんになる前までは看護師、現在は専業主婦。

  • 河村 美奈さん

    河村 美奈さん 仮名
    (かわむら・みな 37歳)
    子ども3人 [6歳・4歳・2歳]  夫40歳

    2016年に膵体尾部粘液性嚢胞腺がん発病。現在、経過観察中。元看護師。

  • 森田 あかねさん

    森田 あかねさん 仮名
    (もりた・あかね 35歳)
    子ども1人 [2歳]  夫34歳

    2014年に子宮頸がん発病、ステージIと診断される。