このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

生き方を考える がん体験者による座談会【ご家族に対するおはなし】

3
「治療費のこと、
生活費のこと」
〔男性・女性編〕

経済面では、保険や制度で保障されることも、
将来の不安に備えて蓄えることも大事

がん治療による生活の変化で、経済状況が一変する場合があります。
治療を受けられた経験者は、治療費をどのように捻出したのか?
日々の生活のなかで、治療費以外の出費がなぜ増えるのか?
男性・女性、それぞれの立場から本音で語っていただきました。

[治療費のこと・男性編]
"治療費" 今はプラスだけど、今後のことは不安だらけ

山田
手術後の経済面は確かにつらいですね。でも、実はがんになってプラスになっていて、がん保険だけでカバーできています。がんと診断されてから毎年100万円おりるものに加入していたので、自分で払っている医療費は今のところは大丈夫ですね。
長谷川
私の場合は、復帰まで1年くらいかかったのですが、職場は公的機関で制度がしっかりしていて、病気休養の場合、減額はあるものの給料が支給されていました。転職して、今の仕事に就いたのですが、制度の重要さを痛感しました。「キャンサーペアレンツ」で知り合う方などの話を聞くと、退職に追い込まれたというケースもあるようですし。たまたま私の会社は、制度を推し進めないといけない立場の組織なので、そういう意味ではよかったですね。
山田
うちも会社の制度は厚いので助かっていますが、不安なのは今後のことですね。生活費を絞ればいけると思うのですが、僕が長男で妻が一人娘なので、この先の介護や子どもの教育費もよめないし、もう不安要素しかないですね。とかいいながら、最近旅行に行ったりして、派手に使ったりもしています。それもあって、基本的に高額な非保険の治療は考えていないです。

[治療費のこと・女性編]
"治療費" 保険で治療費はまかなえたけど、将来設計がみえない

河村
治療費はお腹を開ける手術をしたので保険金が入り、助かりました。術後に万単位でかかっていくとなると厳しいですよね。友人には健康診断と保険の見直しをすすめています。
佐々木
うちもがん保険に入っていたので治療費とか、今すぐのお金に困ることはなかったですが、家計の見直しについては話し合いました。私の場合は、普通より再発リスクが高いので、将来設計がしにくいのが悩みです。あと10年は共働きで、私もフルタイムで働こうと思っていたのに、このまま、のほほ−んと主婦でいいのかなと。「仕事のやりがい」とかじゃなくて、「現実問題として働けるうちに蓄えておきたい」という思いはあります。
西口
目の前の治療費というよりも、これからの生活そのものがどうなるのかということですね。
森田
うちも夫が働いているので、なんとかなるかなというのがあります。私は26歳くらいで生命保険に入っていたので本当によかった。がん保険も入っていたので、手術費や入院費も全部まかなえています。育児休職中だったので、給付金もあるし、目の前でいうとお金はプラスマイナスゼロくらいです。
佐々木
私は40代になったときに、生命保険を一括で出るタイプに見直したのです。診断されたら給付されるので、手続きも1日で終わって早かったです。残った分は私の口座に入れて、家の貯蓄とは別にしています。もし、再発しても、もう生命保険には入れないと思い、そのときに備えて。
森田
残った保険金の使い道で、もめるというのはよく聞きますね。補助療法に使うのか、もしものときにとっておくのか。たくさん出る分、夫婦でけんかになるらしいです。
佐々木
うちは「治療用にとっておきたい」といったら夫は「まかせます」という感じでした。その分があったので、何十万もかかる遺伝子の検査も受けることができたし、目の前のお金は大事だなと思いました。
1    2
*本内容は座談会参加者、ご本人に体験談を語っていただいた際の内容をご本人の了承を得て掲載しております。

座談会パーソナリティプロフィール

西口 洋平さん

西口 洋平さん
(にしぐち・ようへい 37歳  子ども1人 [8歳]  妻39歳)

35歳のときに「ステージIVのがん」の告知を受けた経験から、子どもを持つがん患者が、同じ境遇の方を探すことができ、支え合えるサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げる。
https://cancer-parents.com
現在も、週に一度通院による抗がん剤治療を続けながら、会社で働きつつ、キャンサーペアレンツの活動に取り組んでいる。

座談会出席者プロフィール

  • 山田 祐資さん

    山田 祐資さん
    (やまだ・ゆうすけ 37歳)
    子ども2人 [7歳・5歳]  妻37歳

    2016年に小腸がん発病、ステージIVと診断される。

  • 関 直行さん

    関 直行さん
    (せき・なおゆき 40歳)
    子ども2人 [8歳・0歳]  妻39歳

    2013年に膵臓がん発病、同年11月の手術後にステージIVaと診断される。
    2017年4月、第2子が生まれたばかり。

  • 長谷川 祐一さん

    長谷川 祐一さん 仮名
    (はせがわ・ゆういち 37歳)
    子ども1人 [7歳]  妻36歳

    2011年に悪性リンパ腫発病、現在は寛解。

  • 佐々木 奈緒さん

    佐々木 奈緒さん 仮名
    (ささき・なお 49歳)
    子ども1人 [15歳]  夫49歳

    2016年に乳がん発病、ステージIIと診断される。がんになる前までは看護師、現在は専業主婦。

  • 河村 美奈さん

    河村 美奈さん 仮名
    (かわむら・みな 37歳)
    子ども3人 [6歳・4歳・2歳]  夫40歳

    2016年に膵体尾部粘液性嚢胞腺がん発病。現在、経過観察中。元看護師。

  • 森田 あかねさん

    森田 あかねさん 仮名
    (もりた・あかね 35歳)
    子ども1人 [2歳]  夫34歳

    2014年に子宮頸がん発病、ステージIと診断される。