このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

検査結果を聞く・診断を受ける

告知をうけて

不安やつらい気持ちが
渦巻いているとき、
ソーシャルワーカーを
活用して
治療をスムーズに
開始しましょう。

がん研有明病院 緩和ケアセンター
医療連携部 主任社会福祉士
ソーシャルワーカー田近 忍さんに
お話を伺いました。

がんの告知を受ければ、誰でもパニックになります。

「がん」だと診断された直後は、患者さんも家族も、ものすごい衝撃を受けます。頭が真っ白になり、何も考えられない、何をしてよいかわからないといった状況に陥った話はよく聞きます。それから少し時間が経つと、「なぜ私ががんになったのだろう」、「これから自分はどうなっていくのだろう」などネガティブな気持ちが渦巻き、眠れなかったり、食欲がなくなったりする人もいます。考えがまとまらないため、担当医から受けた治療の説明が理解できないことも珍しくありません。

こうしたことは、がんの告知を受けた誰もが経験するあたりまえの反応です。担当医につらい気持ちを相談したり、説明がわからないときは、わかるまで繰り返し聞いたりしてもかまいません。また、ご家族や信頼できる友人に不安や心配ごとを話すことも大切です。

担当医や看護師、家族、友人のほかにもソーシャルワーカーという、
相談援助の専門的な知識をもった心強い仲間がいます。

現実には、「担当医に何度も同じことを聞けない」、「家族や友人には心配をかけたくない」などの思いから、不安やつらい気持ちを自分の中に閉じ込める人が少なくありません。うまくコミュニケーションがとれず、結局は、一人で悩まれている人もいます。

がんの告知を受けて、混乱しているとき、悲しい気持ちがあふれているとき、「誰にもいえない」、「家族や友人以外にも誰かに話を聞いて欲しい」と思われたら、ご自身がかかっている病院や『がん相談支援センター』※にいる相談援助の専門職であるソーシャルワーカー(SW)をご活用ください。

ソーシャルワーカーは、話を聞き、患者さんと一緒に状況を整理し、
患者さんが治療にのぞむ気持ちをもてるようにサポートします。

SWは、患者さんが電話をかけてきたり、面談に来られたりすると、まず、患者さんご自身の言葉で話をしてもらいます。話しているうちに、ボロボロと涙がこぼれ、泣き出される人もいます。それでも、「先生からどんな説明を受けたのか」、「自分はどのような思いでいるか」などを言葉にして話していると、やがて、気持ちが落ち着いてきて、ご自分の状況を客観的に見つめられるようになります。

SWはこうした時間を患者さんと共有し、そのうえで、患者さんが気持ちや頭の中を整理していくお手伝いをします。その際、患者さんの望んでいる生き方もみえてくるので、患者さん各々にあった方法で、治療にのぞむ気持ちがもてるように支援します。

例えば、患者さんが担当医に何を質問したいのかが整理できたときには、「次の外来では、これとこれをしっかり聞こうね」と背中を押すこともあれば、「自分で聞きにくいなら、信頼できる人に付き添ってもらい、聞いてもらって」とアドバイスすることもあります。

ほかの病院にかかりたいと思っている患者さんには、「担当医を信頼しているが、ほかの医師の意見を聞いてみたい(セカンドオピニオン)」「担当医を信頼できず、ほかの病院で治療を受けたい」など、なぜそう思ったのか、その理由を明らかにします。セカンドオピニオンは、納得のいく治療を受けるためのプロセスとして大切であることを説明して、担当医に紹介状を書いてもらうようにすすめます。後者では、患者さんと担当医の間でどのような誤解が生じているのかを探り、それが解消できるように患者さんをサポートします。患者さんご自身で問題の解決が難しいと判断したときには、SWが担当医と患者さんの間に入り調整することもあります。

このようなSWの相談援助は、一度で終わるわけではありません。患者さんが一歩一歩進み、納得いく治療をスムーズに開始できるように継続的にサポートしています。告知を受けたその足でSWを訪ねても大丈夫なので、遠慮せず気軽にご相談ください。
ソーシャルワーカー
プロフィール
がん研有明病院 緩和ケアセンター医療連携部 主任社会福祉士 田近 忍さん
障害のある自分の子を守るために、福祉の制度を学び、社会福祉士を取得。
その過程で、その人自身が持っている強みや力に着目をして、
支援をする仕事であるソーシャルワーカーに魅力を感じ、その道を選択。
病気や障害があっても、あたり前に暮らせる世の中に常にチャレンジし続けたいと考え奮闘中。
日本社会事業大学大学院卒。