このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

治療にのぞむ

ソーシャルワーカー(SW)とは

一緒に悩み、一緒に考え、
一緒に乗り越えるサポーター。

がん研有明病院 緩和ケアセンター
医療連携部 主任社会福祉士
ソーシャルワーカー田近 忍さんに
お話を伺いました。

病院には、いつでも身近に相談できる、
援助してくれるソーシャルワーカーがいます。

ソーシャルワーカー(SW)とは、社会福祉の立場から、社会的な困りごとや悩みを抱えている人の相談にのり、問題の解決に向けて援助を行う専門職です。多くは社会福祉士、精神保健福祉士などの国家資格を有しています。病院・診療所、保健所、老人保健施設など地域の保健・医療・福祉のあらゆる場所にいて、患者さん・家族、高齢者、障害者、児童・家庭、生活困窮者などさまざまな人から相談を受けています。

医療にかかわるSWは、病院・診療所にある「SW室」・「医療福祉相談室」・「総合相談室」・「患者支援センター」・「地域連携室」など患者さんや家族の身近な場所=写真=にいます。いつでも患者さんや家族からの療養生活や社会生活にかかわる幅広い相談に応じ、患者さんの治療や療養と毎日の暮らしが安定して継続できるように援助しています。

がんに関する悩みごとについては、誰でも、
全国の「がん相談支援センター」にいるソーシャルワーカーに、
無料で相談できます。

がんに関するさまざまな悩みごとや疑問については、全国のがん診療連携拠点病院や小児がん拠点病院、地域がん診療病院に設置されている「がん相談支援センター」が幅広く対応しています。がん相談支援センターには、がんの相談対応について国から指定された研修を修了した"がん専門相談員"が必ず配置されており、相談者に科学的な根拠や実践に基づいた信頼できる情報を提供し、よりよい治療の選択やその人らしい生活ができるように支援しています。

実は、ここで知っておいて欲しいことは、がん相談支援センターは、国の定めで、誰がいつ来ても相談を受けられる体制をとることになっており、患者さんや家族だけでなく、地域の人なら誰でも無料で利用できることです。「がん検診はどこで受けられるか」「がんが疑われ、大きな病院で検査するようにいわれたが、どこに行けばいいのかわからない」といった、これから病院を受診しようという場合でも、すでにほかの病院でがんの治療を受けている場合でも構いません。

相談方法は基本的に電話か面談ですが、がん相談支援センターの中には、メールやFAXで対応しているところもあります。面談は予約が優先ですが、突然の訪問にも対応しています。

心の問題、医療の受け方、経済的な問題、人間関係など……。
どんなことでも「困ったな」、「不安だな」と思えばソーシャルワーカーへ。

相談内容はどんなことでも構いません。「〇〇病院にかかりたい」、「緩和ケアを受けたいがどこに行けばいいのか」といった病院選びや、「担当医にすすめられている以外によい治療法はないか知りたい」、「セカンドオピニオンを受けるにはどうしたらいいのか」などといった治療の選択で悩んだとき。

あるいは、「検査や治療にいくらかかるのか。使える制度はないか」、「仕事を辞めなくてはいけないのかわからず、この先の生活が心配」など経済的な問題で困ったとき。「がんと診断され、やりきれない気持ちが続いている」、「家族にがんをどう伝えたらいいのかわからない」、「治療の進め方に不満があるが、担当医にどのように質問したらいいのかわからない」など気持ちがモヤモヤしているとき。

がんと診断されてから、治療、その後の療養生活、社会復帰、あるいは治療の転換期(再発や終末期)など、それぞれの時期によって困りごとや不安、疑問の内容は異なるでしょう。相談内容が相談者の同意なしに他者に知られることはありません。どんなことでも、一人で悩まず、「困ったな」、「不安だな」と思えばSWにご相談ください。一緒に悩み、考え、乗り越えていきましょう。
ソーシャルワーカー
プロフィール
がん研有明病院 緩和ケアセンター医療連携部 主任社会福祉士 田近 忍さん
障害のある自分の子を守るために、福祉の制度を学び、社会福祉士を取得。
その過程で、その人自身が持っている強みや力に着目をして、
支援をする仕事であるソーシャルワーカーに魅力を感じ、その道を選択。
病気や障害があっても、あたり前に暮らせる世の中に常にチャレンジし続けたいと考え奮闘中。
日本社会事業大学大学院卒。