このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

がんと向き合うためのFIRST GUIDE
MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

通院治療や定期検診を受ける

治療後について

簡単にはもとの生活に
戻れません。
支えてくれる人の存在が
大切です。

がん研有明病院 緩和ケアセンター
医療連携部 主任社会福祉士
ソーシャルワーカー田近 忍さんに
お話を伺いました。

治療後も、がん患者さんの多くは、
定期的な通院や自宅療養が必要になります。

がんの治療は、治療にともなう副作用や後遺症があるほか、定期的な通院や自宅療養などが必要になることが多く、仕事や家事、社会活動などに影響が及んでしまうことがあります。

そのため、「仕事の都合にあわせて、治療のスケジュールを調整してもらえるか」、「抗がん剤の副作用で手がしびれて(末梢神経障害)、細かい作業ができなくなり、仕事/家事が思うようにできず、会社/家族に迷惑をかけている」、「将来の恋愛・結婚/就職に際して、がんのことをどう恋人/会社に伝えればよいのか」など様々な問題や悩みを抱えている患者さんが少なくありません。

がんになった患者さんには、治療面、療養面、社会生活面など、いろいろな方向から支えてくれる人が必要です。家族や親しい友人だけでなく、様々な職種の専門家も患者さんの心強いサポーターとして活用して欲しいと思います。

治療や療養については、まず担当医に相談。
医療分野の様々な専門家がサポートしてくれます。

治療の副作用、後遺症、がんが進んだときのつらい症状、療養中の体調管理(食事、睡眠、休養など)などで困れば、まず患者さんの病状や治療法について、よく知っている担当医に相談しましょう。担当医から、療養全般については看護師、薬物療法については薬剤師、食事・栄養については管理栄養士など、それぞれの専門家を紹介してもらうこともあります。

ただ、医療者は患者さんを治すことを第一義に考え、患者さんの今の状態にベストな治療法や療養のあり方だけを提案・説明する傾向にあります。患者さんも、がんになると衝撃が大きく社会復帰を含めた将来の生活まで考えが及ばないため、とりあえず、治療を受けようとしがちです。お互い、この先、どのぐらい自宅療養が必要で、どのように社会復帰していけばいいのか、などの見通しを伝えない/聞かないために、患者さんの中には、がんの治療を受けるために仕事を辞められてしまい、経済的に困窮する人もいます。

治療後に、仕事/家事/育児/介護と治療、療養の両立を不安に思われたり、迷われたりしたときには、患者さんだけで結論を出さずに、ご自身がかかっている病院や『がん相談支援センター』のソーシャルワーカー(SW)の相談援助を受けてほしいと思います。

ソーシャルワーカーは福祉制度の情報提供だけでなく、
担当医やケースワーカーなどと治療や療養の問題も調整して、
「患者さんの生き方」を支えます。

最近は、医療の進歩で、長期生存される患者さんが増えており、仕事と治療の両立は重要です。患者さんが仕事についてSWに相談に来られたときは、退職の決断は急がせず、有給休暇や会社独自の病気休暇制度、傷病手当金などを利用して休職することや、担当医に病気の見通しや今後の治療計画を確認したうえで、担当医だけでなく信頼できる上司や総務・人事担当者にも、働き続けられる方法(治療計画の変更、残業や出張の可否、時短/フレックス/在宅勤務制度の利用など)を相談するようにアドバイスしています。必要があれば、患者さんと担当医や会社の間にSWも入り、調整することがあります。

子育て中や家族の介護などをしている患者さんの場合は、子どもさんや要介護者に対するサポートも必要になります。SWは患者さんに対して、利用できる福祉制度の情報提供をするだけでなく、患者さんの家族のほか、地域のケアマネージャーなどと連携し、患者さんが安心して療養できる環境をつくるように調整します。

このようにSWは治療後も、生活への影響について、患者さん各々にあった方法を一緒に考えます。治療が終わり、定期的な検査だけになっても、何か困ったことがあればSWにいつでもご相談ください。
ソーシャルワーカー
プロフィール
がん研有明病院 緩和ケアセンター医療連携部 主任社会福祉士 田近 忍さん
障害のある自分の子を守るために、福祉の制度を学び、社会福祉士を取得。
その過程で、その人自身が持っている強みや力に着目をして、
支援をする仕事であるソーシャルワーカーに魅力を感じ、その道を選択。
病気や障害があっても、あたり前に暮らせる世の中に常にチャレンジし続けたいと考え奮闘中。
日本社会事業大学大学院卒。