このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

 

ココロとカラダ★毎日を輝かせたいあなたへお届けする「キレイの法則」

キレイの法則〜366日★ココロ元気

2015年11月更新

“初めての体験”がこれからを元気にする

Profile

横森理香
Rika Yokomori

作家・エッセイスト

横森理香 Rika Yokomori

1963年生まれ。多摩美術大学卒。現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、近著『40代 大人女子のためのお年頃読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』は文化庁の主宰する日本文学輸出プロジェクトに選出され、アメリカ、イギリス、ドイツ、アラブ諸国で翻訳出版されている。最新刊は『いますぐゴキゲンになる60の言葉』。
また、「ベリーダンス健康法」の講師としても活躍。主催するコミュニティサロン「シークレットロータス」でレッスンを行う。

プロフィールを読む

半世紀も生きてくると、なんでもやったことがあることばかりで、人生新鮮味が欠けてくる。必要最低限のことと、自分の一番気に入ったことしかやらなくなるので、生活もワンパターンになりがちだ。
それはそれで、日々を丁寧に生きていればそれでよい。が、新しいことにチャレンジすることで、こんなにも感動が味わえるのか!と最近知った。生まれて初めて、自分の猫をキャットショーに出陳(初めて知りましたが、キャットショーの場合「出陳」というらしい)したのである。

一月に十八年半飼ったヒマラヤンのハニ子が死に、そのブリーダー内池さんに電話をした。娘がペットロスにならないよう、すぐに新しい猫をお願いしたいと、泣きついたのだ。内池さんは既に引退なさっていたので、彼女の猫が行っている先に何軒か聞いてくれた。

ちょうどタイミング良く、千葉に四カ月の男の子がいた。エキゾチックロングヘアーのパンダちゃんだった。黒のブチが入った白い猫だが、その様子がまるでパンダみたいなので、パンダと呼ばれていた。うちに来てから色々名前を考えたが、結局パンダ以外に思いつかず、パンダのまま定着した。

左がパンダちゃん、右はパンダちゃんの妹モエちゃん

エキゾチックはペルシャとアメリカンショートヘアーの掛け合わせで、まだ比較的新しい種だ。ショートヘアーとロングヘアーがいるのだが、パンダちゃんのずんぐりとした体形、立派なしっぽ、大きなお目目とつぶれた顔はまさに理想的なエキゾとされ、当初は繁殖したブリーダーさんがキャットショーに出す予定だった。が成り行きで、私が連れて行くことになってしまったのである。
「だ、大丈夫なんですかね?」
とにかく血統証付きの猫だって、普通の家猫と同じにザックリ飼っている私である。
「あー、大丈夫大丈夫。前日にシャンプーに出して、連れて来てくれるだけでいいから。うちも二匹連れて行くから、あとのことは私が全部しとくからね」と、パンダの里のお母さんもザックリしていた。しかし・・・。
猫を連れて浜松町の会場に行くというだけで、まるで大学受験のような緊張感だった。

タイミング悪く娘と夫はキャンプに行くことになっていて、一人だ。ネットで会場近辺の駐車場を調べ、時間を計算し、災害時用の、背負うタイプのキャリアーをクローゼットから出し、埃を払った。
しかし、いくら里のお母さんもいるとはいえ、ほとんど知らない人の中に猫一匹連れて行く、というのも不安なので、山口に住むブリーダー、穂積さんとラインで連絡を取った。穂積さんは内池さん引退後、猫を引き継いだ人だ。
「キャットショーは初めてなので、私が“借りて来た猫”になりそうです」とラインすると、
「友達の名古屋の方も出陳されるので、みなさんで楽しく過ごしましょう」と言ってくれた。それでも緊張していて、夜中に何度も目が覚めた。

可愛すぎる猫の祭典

浜松町の会場には、百匹以上の猫たちと飼い主さんたち、そしてジャッジとスタッフが、賑々しく準備をしていた。恐る恐る会場に入ると、「あー、こっちこっち」里のお母さんが既に控えケージを用意し、待っていてくれた。パンダの妹モエちゃんと、まだ半年のミーちゃんが既にそれぞれのケージに入っている。控えケージには、他の猫と目が合わないよう、ふりふりのレースでカバーがかけてある。パンダのケージカバーは内池さん作のものだった。

全国から集まり、にぎやかに準備

番号が呼ばれたら審査ケージに

「しまってあったのを、パンダに使おうと思って洗ったの」
そもそもパンダも、内池さん宅からもらい受けたエキゾのロングが元祖なのだ。その大元となった猫は、内池さんがアメリカまで渡り、CFA(歴史ある世界最大のキャットクラブ)のジャッジ、トレバサン氏の紹介で購入してきた。そんな縁があり、今回、「トレバサンの紹介してくれた猫が日本で今、花開いたところを見たら、彼も喜ぶと思いますよ」ということになったのだ。トレバサン氏は二日目の審査に出る。

二日間で十人のジャッジが審査し、競い合うのだ。チャンピオンシップ初参加の猫は、六ラウンド出場するとチャンピオン申請ができるという。いくつものショーを回り、200頭のチャンピオンに勝つと、グランドチャンピオンになれるらしい。

ジャッジ・トレバサン氏審査中。選んだらリボンをつける

エキゾチック、ペルシャ、アビシニアン、メインクーン、アメリカンショートヘアー、シンガプーラ・・・様々な猫が参加しているが、どれも見たことがないぐらい可愛い。

穂積さんのシシェール君など、「か、神か」と思うほど立派だった。パンダと同じ種類だというが、次元が違うのだ。その隣の、名古屋から来た長谷川さんのアンちゃんも、同じ種類のキャリコ(三毛)だが、ふっさふさ。どちらも、その毛足の豪華さたるや、私にはペルシャにしか見えない。
長谷川さんはキャットショーで穂積さんと会うたんび、猫のイロハについて教えてもらっているので、穂積さんを師匠と仰ぎ、隣のケージで一緒にグルーミングをしている。またこのシシェール君とアンちゃんが、慣れた調子で少しも嫌がらず、コーミングさせるのだ。

アンちゃん、毛をふわふわにされてます!

パンダのは朝、里のお母さんがやってくれた。
「こうやってね、死に毛を根元から抜いてくのよ」櫛を根元に入れて、逆毛を立てるようにぐわっしとコームして行くのだ。もちろん、パンダは嫌がって必死で逃げようとした。慣れていないからだ。
「それでここの毛もカットするの」お母さんは耳の上の毛を丸くカットした。耳の丸い猫のほうが点がいいので、ショーの前はカットするのだ。

一応、ふさっとしたパンダを連れて、いくつかのリングを回った。普通に抱いて行くと、
「あー、ダメダメ、猫はこういう風に抱かなきゃ」と、穂積さんに注意される。股と脇に下から手を入れて、せっかくふさっとさせた毛が寝ないように運ぶのだ。さらに、毛足の長い猫は、審査ケージに入れる直前に、一振りして毛に風を入れる。

「これだけで、得点がだいぶ違うからね」長谷川さんが解説してくれる。シシェール君もアンちゃんも、せっかくグルーミングした毛を舐めちゃわないように、手作りの派手なカラーをつけている。二匹ともファンシー。エリザベスカラーとはよく言ったものである。

こちら、シシェール君、エリザベス一世のよう?

パンダの逆転ホームラン

一日目は、惨敗だった。全てアンちゃんが一位でパンダが二位という成績で、ファイナルに残ることはできなかった。一位を取ると、全種類の一等賞が競い合うファイナル戦に出られるのだ。そこで得点されたものが、メダルのついたおリボンとなり、グランドチャンピオンへの架け橋となる。

しかし自分の猫が点数取れなかったとしても、超個性的なブリーダーさんやジャッジ、可愛い猫をたくさん見られて、それだけでも楽しい一日だった。疲れ果てて死んだように寝る、という経験も、久しぶりのことだったような気がする。

てなわけで嫌がるパンダを連れて、二日目も馳せ参じた。
「さ、弁当食ったら帰るか」
出陳者には弁当も出た。スポンサーからいろんな猫グッズや、お茶やお菓子の用意もあるので、一日、猫を見ながらお茶してお喋りするという、キャットショーはまさに猫好きの女子大会なのだった。上は七十代?それでも元気に猫連れて来ているかと思うと、人生まだまだこれからだな、と思えた。

六ラウンド出るとチャンピオン申請できるので、朝の一ラウンドで帰ろうとした。が、そこからがパンダの本領発揮だった。弁当食べてる最中に、二ラウンド目に呼ばれたので、ま、まだいるから出すか、ぐらいのつもりで出したら、アンちゃんと逆転、一位を取り始めた。

「え~、うっそ~」
帰るに帰れなくなり、ファイナルに。初めておリボンをもらった感動で欲が出て、最終リングまでいることにあいなった。里のお母さんもお父さんも、見に来ていた内池さんも喜んでくれた。のみならず、ライバルのはずの長谷川さんも、穂積さんまで協力してくれ、トレバサン氏の審査の前には、パンダの目の上の毛までカットしてくれたのだ。
「こうすると目がもっと大きく見えるからね」

ジャッジによっては、全くパンダに興味がない人もいたが、可愛いと思ってくれるジャッジは、「連れて帰りたい」とまで言ってくれた。それが、親バカとは知りながら、本当に嬉しいのである。そして一匹の猫が高得点を取り始めると、全員で盛り上がって行くという「場」を、初めて経験した。コンペティションは好きじゃないが、全員が猫好きで、対象が猫だけに、こんなハッピーなコンペティションもあるのだ。

結局、パンダは三つのファイナルに残り、六つのおリボンをいただいた。これがまた、いやらしさ抜きに誇らしいのである。未だに私のデスクの前に飾ってあり、スマホの待ち受け画面にもなっている。

五十二になって、新しい世界を知った。猫を連れてっただけだが、何かをやり遂げた充実感と、清々しい気分が私を満たしていた。

目の上の毛をカットされるパンダちゃん

目の上の毛をカットされるパンダちゃん

勢いづいて六個のリボンをGET!

ジャッジのエツコさんと。審査の後は一緒に撮影がお約束♡

  • キレイの法則TOPへ戻る
  • メットライフクラブ入会手続き
  • メットライフ生命の保険商品一覧
  • *当サービスはご契約者さま・被保険者さま・ご家族がご利用いただけます。
ツイートする
facebookでシェアする
Google+で共有する
LINEで友達に教える