病期や部位、組織型などにより治療法が変わることがあります

病期などに応じて三大治療などの治療方法を単独で、あるいは組み合わせて行うことで最適な治療法が検討されています。

腹腔内および胸腔内臓器ガンの臨床病期と治療例(イメージ)

部位やステージによって利用方法は変わります

病期(ステージ)とは

病期とは、ガンの進行度の指標です。進んでいるほど重症度も高いと考えられます。病期分類の一例として、「TNM分類」があります。「TNM分類」によって、病期は大きく0〜W期までの5つに分類され、0期ではガンが小さく上皮内に留まっている状態(上皮内ガン)であるのに対し、W期に進むほどガンが広がり進行している状態です。