罹患しやすい年代が異なる女性特有のガン

乳ガンなど「女性特有のガン」は、幅広い年齢で罹患リスクが高くなっています。

ガン(悪性新生物)の種類別女性推計患者数

30代以降乳がんの罹患率が急増します

出典:厚生労働省「平成26年患者調査」より作成
最新の情報は、出典元ホームページをご参照ください。

女性の
乳ガンは、

30〜40歳代にかけて患者数が増え、50〜70歳代まで高い水準となりその後減っていきます。

女性の
子宮体ガンは、

40歳代から徐々に増え、55〜64歳で最も多くなります。

女性の
子宮頸ガンは、

30〜40歳代にかけて患者数が多く、その後ゆるやかに減少していきます。

主なリスク要因

様々な要因があります