このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

MY ライフプランニングプロジェクト MY ライフプランニングプロジェクト

メットライフ生命とAmebaがタッグを組んで行う「MY ライフプランニングプロジェクト」では、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんと一緒に、健康に生きる幸せを考えていきます。

健康に生きるためには、身体の健康だけでなく、こころの健康も必要。そして、マネーの健康も忘れてはならない重要な要素です。このことを、メットライフ生命では「ヘルス&ウェルネス」と定義しています。毎日の生活の中で、健康に生きていくためのポイントを学び、「ヘルス&ウェルネス」を考えることで、大切な家族や自分自身が、より前向きで充実した人生を送るための将来設計をしていきませんか。

メニュー一覧

  • 健康に生きる幸せとは?
  • マネーの健康と保険の関係
  • 幸せに生きるためのライフプランニング
  • アンバサダー一覧
  • PlanSmartの紹介

大切な家族と健康に生きるためには?

今回新たに加わった“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんは、日々、自分のことだけでなく家族の健康もささえる子育て中のママたち。今回のイベントでは、二児の母で、2016年3月には(株)主婦の友社よりレシピ本「Every Table」を出版した、料理家・医師の蜷かおりさんをゲストにお迎えしました。

「日々の生活で意識していることは3つ。まず、睡眠をしっかりとること。私は子供と一緒に寝て、朝4時に起きています。子供には10時間寝てもらうことを心がけています。それから、朝食をしっかりとること。実家も早起きで朝からしっかり食べていましたが、頭をきちんと動かすには糖質が必要ですよ。そして3つめは食事の彩り。栄養をバランスよくとるのは重要ですが、毎食やるのは大変ですよね。なので、私は、食材の「色」に注目して、色のバランスがよくなることを心がけています。昨日と今日でバランスをみるとか、できる範囲でやっています。」

また、働くママならではのアドバイスも。
「フルタイムで働いていた時は、精神的にも余裕がなかったのですが、できないことはできないと自分を許すことができたら、とても気持ちが楽になりました。今はフルタイムからパートタイムの勤務に切り替えています。子供のためでもありますが、自分のためでもあります。気持ちに余裕が生まれると、怒る頻度も減りました。無理をしないことって重要なのだなと改めて感じました。」

蜷さんといえば、とてもおいしそうな料理を、ご自身のブログ等に掲載されていますよね。日々の食生活で意識していることを教えていただきました。
「子供も汁物が大好きなので、スープに野菜をたっぷりいれて、ゆっくり煮込んだ料理をよく作ります。毎日食べても飽きないメニューを心がけています。あと、野菜は量を買い過ぎないで、下ごしらえはまとめて行うのがコツです。わざわざするのではなく、何かのついでに作業をすると、翌日とても楽ですよ。」

蜷さんのお話を受け、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんにとっての健康とはどういうことか、そして理想の保険についてのディスカッションをしました。自分自身の体調の変化だけでなく、家族のライフステージも変化しやすい年代。
「生命保険は安心感のために入るというけれど、何が自分にとって必要なのかがわからないので、もっと詳しく知りたいです。」
「お金のことや将来のことを相談するから、信頼できる人に保険の相談をしたいよね。」
と参加者同士で話している姿が印象的でした。

今回参加した“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんは、特別に、蜷さんから簡単に作れるレシピを教えてもらいました。ぜひ、ご自宅で作ってみてくださいね!

2016年7月7日 掲載

健康に生きるために大切なことは?

“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんの疑問に、二児の母でありながらも医師として活躍されている須藤暁子さんが答えてくれました。「身体が病気ではなく健康な状態というのはもちろん重要ですが、心も健やかな状態であることがとても重要だと思います。私は子供が2人いますが、心が健全な状態でないと、家族の健康を維持するのは難しいですよね。
私は、心の健康と保つために、うらやましいなぁ、いいなぁと思うことはあっても、他人と比べないようにしています。また、自分の中で1つ軸を持つようにしています。意思を持っている人は強いし、前向きに生きていくってことは大切ですよね。母親になって、子供が生きていればそれでよいって思えるようになりました。」

今回集まった、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんは、年齢や家族構成は違っても、「人生を前向きに生きたい」という点では共通しています。でも、年齢を重ねる中で、自分や家族、知人で病気になる人が出てきたり、体の変調を感じたり、不安を感じることがありますよね。そんなアンバサダーの皆さんへ、須藤さんから医師ならではのアドバイスがありました。

「健康診断の結果で一喜一憂するのではなく、自分や家族が病気になった時にどうするか?ということを考えるきっかけにしてみるとよいかと思います。例えば、お父さんが突然倒れたら?本人は治療をどうしたい?家族一人ひとりの気持ちは?など、家族で考える機会ととらえて頂きたいです。皆の病気の受け入れが早くなることで、病院選びや治療開始に主体的に取り組むことができます。それに、治療にはお金もかかります。自分は若いから大丈夫と思っていても、いつ事故に遭うか、病気になるかわかりません。何かあった時のために備えようと身構えずに、もう少し気軽に、お金の不安を解決できる方法の1つとして、生命保険を考えてみてもよいかもしれないですね。」

須藤さんの話を受けて、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんにも健康に生きるために大切なことを考えてもらいました。

「ある日、突然何かがあったらと思うととても不安でした。結婚して気持ちが落ち着いたら、少しずつですが体調を崩しにくくなりました。心と身体はリンクしているんだなと思いました。」
「忙しい中でも、自分の趣味の時間を確保すると、リフレッシュできます。これも健康に生きるコツなのかなと思います。」

活発な意見が交わされて、一人ひとり、「ヘルス&ウェルネス」についての理解を深められたようです。

ところで、ディスカッション中、アンバサダーの1人から、こんな意見がありました。
「お金のことは相談しづらい。大切だとわかっているけど、お金のかかることだから失敗はしたくないし・・・。」

そんな不安に応えるべく、次回は、ライフプランニングを通じた将来設計について、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんと考えてみたいと思います。

2016年6月1日 掲載

「やりたい」を「できる」に変えるお金の健康とは?

ファイナンシャルプランナーで、(株)エフピーウーマン代表取締役の大竹のり子さんを講師に迎えて開催したMY ライフプランニングプロジェクト2回目のイベントテーマは「“お金の健康”とライフプランニング」。

皆さんはお金と賢く付き合っていますか?

お金のこととなると、身構えてしまう人も多いかもしれませんが、大竹さんが教えてくれたお金と賢く付き合うコツは、たった2つ。この2つを意識することで、お金と賢く付き合っていけるようになるそうです。
1つめは、「お金に色をつける」こと。自分のもとに入ってくるお金(収入)を、人生を楽しむために「つかう」お金、万一のために「まもる」お金、将来のために「増やす」お金の3つにわけて管理するということです。この3つにお金を分類し、そのバランスを保てるということが、お金と付き合っていく上で重要になってきます。
2つめは、マイホーム資金や老後の費用といった「大きなお金」と上手に付き合うこと。日々節約をしていくよりも、このような大きなお金を、いつどのように準備するか、どのように支払っていくかを考えることが、お金と上手に付き合っていく際には、とても重要なことだそうです。

では、その中で、保険はどのような役割ができるのでしょうか?

一般的に、生命保険は、自分や家族に万一のことがあった時に保障するものといわれていますが、それ以外の側面も持っていることをご存知ですか。保険に何を求めるかによって、同じ商品であったとしても、役割が変わってきます。たとえば、病気になった場合の保障を医療保険でカバーしたり、万一のことがあった場合に残された家族が生活できるように終身保険でカバーしたりする場合、これらのお金は「まもる」お金として分類できます。しかし、視点を変えると、同じ終身保険でも、資産形成や資産運用、リスク分散のために活用すると、将来のために「ふやす」お金や「つかう」お金として分類することもできるそうです。

お金と賢く付き合うことで、不安が安心に変わり、自分のやりたいことを実現できる可能性が広がるなんて素敵ですね!

2016年9月15日 掲載

ライフプランニングをしてみよう!

大竹さんのセミナーで学んだ「まもる」お金、「つかう」お金、「ふやす」お金。それぞれのお金は、どのタイミングでいくらくらい必要なのだろう?

自分がかなえたい夢や希望、目標に加えて、将来自分や家族に起こるイベントを把握することで、自分自身がより前向きで充実した人生を送りたいと思えるようになったり、具体的な目標があることで、お金と向き合って賢くつきあっていけたりしますよね。その第一歩として、「あなたをかなえるノート」を使ったライフプランニングをワークショップ形式で行いました。

なんとなくやりたいことがあっても漠然としていたり、将来のことを真剣に考えたことがなかったり・・・。普段、ブロガーとしてたくさんの情報を発信している“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんでも、いざシートを目の前にすると、なかなか書きはじめるのがむずかしいようです。

「たとえば、2020年の東京オリンピックを皆さんはどのように迎えたいですか?ご主人が定年退職のときは?お子さんが小学校や中学校に入学して手がかからなくなったときにやりたいって思うことありますか?一度に書くのは難しいかもしれないけど、具体的な1年をピックアップして、そのときになりたい自分を想像してみると、やりたいことが見えてくると思います。」
「一度に全部書こうとせず、書けるところから自分のペースで書いてみてください。わからないところは空欄のままでもよいし、大きな夢から小さな目標まで、どんなことを書いても正解です。」

自分のペースで、自分が書けるところから書き始めたり、印刷されている質問に答えたりしているうちに、今まで意識していなかった夢や希望が見えてきて、少しずつペースがあがってきたようです。
「今まで、家事や子供の世話など、毎日の生活に追われていて、将来のことはほとんど考えたことがありませんでした。でも、子供が大きくなったら夫婦二人の時間が増えるし、定年退職後には時間もたくさんできます。その時にあわてないように、将来のことを考えてみたいです。」「ダンナさんがどのように考えているか、このノートを一緒に見て聞いてみたいと思いました。」
「結婚や出産など、将来自分がどんな人生を送っているかわからないけれど、それでも、自分の夢や目標は持ち続けたいと思いました。やりたいことを考えていたら前向きになってワクワクしました。」

短い時間のワークショップでしたが、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんは、ライフプランニングの重要性に気づけたみたいです。帰宅してから続きを書いて、皆さんの「あなたをかなえるノート」を作ってもらいたいと思います。

“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんは、どんなライフプランニングをしたのでしょうか?アンバサダーの皆さんが作成したノートは、また後日ご紹介する予定ですので、どうぞお楽しみに!

2016年9月15日 掲載

将来を充実させるためのライフプランニング〜一人ひとりの人生設計

3回目となった「MY ライフプランニングプロジェクト」のセミナーも、今回で最後になります。2回のセミナーを通じて、“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんは、身体の健康、こころの健康、マネーの健康について勉強し、自分らしく充実した人生を送るためには、「ヘルス&ウェルネス」を考えていくこと、そしてライフプランニングが重要であることを学びました。

では、実際にどのようなことを考えていけばよいのでしょうか?最終回の今回は、「幸せに生きるためのライフプランニング」と題し、より具体的に考えてみたいと思います。

イメージ画像

今回のセミナーの講師は、メットライフ生命のコンサルタント部長が行いました。自分が幸せに生きるためには、どのようなことを考えていけばよいのかを、PlanSmartというプログラムを実際に体験してもらうことで、アンバサダーの皆さん一人ひとりに考えてもらいます。

PlanSmartは、アメリカのメットライフで2007年から導入し、フォーチューン誌に掲載されている全米企業上位500社の1/3を含む約1600社の企業・団体に展開されています。日本では、メットライフ生命が2015年から導入しています。
※PlanSmartの詳細は、「PlanSmartの紹介」メニューをクリックしてご確認ください

皆さんは、お金がある人生とお金のない人生、どちらがよいですか?
そのように聞くと、多くの方は、お金のある人生と答えると思います。でも、お金があるだけで、本当に幸せなのでしょうか?もしお金があったとしても、自分がやりたいことができなかったり、幸せだと感じることができなかったりしたら、それは悲しいですよね。お金はないかもしれないけれども、充実した人生を送れる方が幸せだと思う方もいるかもしれません。その違いは・・・というと、お金と上手に付き合っていくことになります。

イメージ画像

収入と支出のバランスはどうなっていますか。2回目のセミナーでも出てきましたが、「まもる」お金、「つかう」お金、「ふやす」お金に正しく色分けをして、さらにそれぞれの支出について、緊急度と重要度を照らし合わせてお金を分類してみると・・・

どこかに偏ってしまっていませんか?

目の前にあるもの、たとえば日々の生活費や住宅費ばかりにどんどんお金を遣ってしまったり、贅沢品などの出費を続けてしまうと、人生の後半でかかる教育費や老後の費用が足りなくなってしまうことがあります。後で気づいても遅いので、なるべく早いタイミングで、収支のバランスとお金の分類を考えてみる必要があります。

真剣に耳を傾けていた“ヘルス&ウェルネス”アンバサダーの皆さんですが、セミナー終了後には少し笑顔が戻ってきました。教育資金や老後の資金をためるコツなど、今まで漠然と不安に思っていたことを解決するためのポイントや、幸せに生きるきっかけを、セミナーを通じて見つけられたのかもしれませんね。

自分の場合はどうなんだろう?私の●●という悩みを聞いてほしい。そのように思った方もいるはずです。また、私もセミナーを受けてみたいと思った方もいるかもしれません。そういう方のために、セミナー受付も行っていますので、まずはプロに相談してみてはいかがでしょうか。

イメージ画像

イメージ画像

2017年2月2日 掲載

アンバサダー一覧

mihomiho
さん

トールペイントまこ
さん

rion0415
さん

matsuiyuka
さん

jumping
formydreamさん

myu-miss-independent
さん

★りえりん★
さん

morisaki123
さん

ヨッチ
さん

apis-petite-maman-life
さん

cozykoz
さん

ななみのまま
さん

saori-mishi-
mirai
さん

PlanSmartとは?

これからの人生のお金のこと。
何となく不安をお持ちの方、「いろいろ考える必要があるけれども、何から始めたらいいのか・・・」という方も多いと思います。

メットライフの「PlanSmartプログラム」では、メットライフが厳選したお金のプロ(PlanSmart認定講師)が無料で、わかりやすくマネープランを説明します(保険の話はしません)。

セミナーで気になったお金のことを、個別に講師に相談することも可能です。

将来の人生のためにこの機会に少し考えてみませんか?

PlanSmart® a financial well-being solution

「PlanSmart」は、セミナーを活用した従業員向けの金融教育プログラムで、アメリカのメットライフでは2007年から導入を開始しています。現在では約1600社に導入され、その中には、米国主要会社のリストでもあるフォーチューン誌が年1回発表する全米上位500社の内、約170社に導入されています。
(参考)https://www.metlifeplansmart.com/solutions/

アメリカでの拡大の背景には、従業員のために、お金の健康(Financial Wellness)の促進を図ろうという流れがあります。メットライフでも、身体の健康だけでなく、心やお金の健康を通じて、より前向きで充実した毎日をお客さまが遅れるようにサポートする「ヘルス&ウェルネス」という考え方を推奨しています。

Employee Wellness

日本では、米国のプログラムをベースに2015年から導入し、導入した企業からすばらしい評価をいただき、2016年より本格的な展開を開始しました。当社の営業職員のうち、認定資格に合格をしたコンサルタント社員が、セミナーの講師を行います。

職場やグループで、「お金との上手な付き合い方」についてのセミナーを開催し、お金の不安や悩みを解決してみませんか?セミナーの後、希望に応じて個別面談を実施し、お一人お一人の事情に合わせたアドバイスをすることもできます。セミナーではメットライフの保険商品の話は一切致しませんし、セミナーご出席、個別相談とも無料で行っています。

PlanSmartのメリット

「低金利時代の住宅ローンの借り方は?借り替えたほうがよいのか?」、「老後の資金を準備するには、何から始めたらよいのだろう?」、「教育資金の貯め方のコツはあるのだろうか・・・」、「親の相続、自分の相続を考える時のポイントって?」
こんなお金のもやもやありませんか?この他にも、さまざまなお金に関する悩みや疑問を持っている方もいるかもしれません。

PlanSmartを活用して、職場やグループで、そんな悩みを解決するためのマネーセミナーを行うことができるのをご存知ですか?メットライフ生命の経験豊かなお金のプロ(PlanSmart認定講師)が実施するセミナーと、ご希望に応じて、個別相談を行うことができます。皆さん一人ひとりの状況を把握し、お客さまに寄り添って相談に乗ることで、今まで抱えていた悩みや不安が解決することでしょう。

グループセミナー

イメージ画像

  • 従業員様には会社内の会議室、グループではご自宅又はグループミーティング会場で、マネーセミナーを開催。
  • 人生に大切なマネープランを立てる上で、重要なポイントを約1時間で解説。
  • ご希望の方にはより具体的な個別相談を別途実施。

個別相談

イメージ画像

  • 社内会議室、ご自宅、弊社事務所等で個別相談を実施。
  • お悩みの点、もやもやしていた点について、一緒に考えて、解決方法を検討。
    • ・退職後のマネープラン
    • ・退職、福利厚生制度
    • ・自宅の賃貸と購入比較
    • ・家計改善相談
    • ・相続の課題と対処法
    • ・教育費の準備方法
    • ・住宅ローンの借換、一括返済 など
セミナー個別相談参加者様からのご評価
  • ・「会社で開催されるので安心して参加。福利厚生制度として素晴らしい。」(40代男性)
  • ・「住宅ローンに不安があった。シミュレーションを実施して、見直しが出来た。」(40代男性)
  • ・「教育資金に不安があった。住宅ローンも含めた見直しを実施し、教育資金の準備が出来た。」(50代男性)
  • ・「会社で確定拠出年金の説明会に参加したがよく理解出来なかった。今回の個別相談で良く理解出来た。」(30代女性)
  • ・「この様なきめ細かい相談サービスが受けられるのであれば、是非同じ部署で働く若者に紹介したい。」(50代男性)

PlanSmartの始め方

「当社でもセミナーを開催してほしい」、「私の知っているグループの集まりでセミナーをしてほしい」と思った方、セミナー開催まではいかなくても、「もう少し内容が知りたい」、「ちょっと聞きたいことがあるのですが・・・」と感じた方、まずはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

人生に関するお金のこと、1人で悩んだりせず、お気軽にお金のプロにご相談ください。

ライフプランニング人生に関するお金のこと、お気軽にご相談下さい。

こちらへ

メニュー一覧

  • 健康に生きる幸せとは?
  • マネーの健康と保険の関係
  • 幸せに生きるためのライフプランニング
  • アンバサダー一覧
  • PlanSmartの紹介

人気ママブロガー中道あすかが病気から学んだこと

人気ママブロガー中道あすかが病気から学んだこと

視界が欠損し失明も覚悟した妊娠中の病気を通して気づいた自分らしい"幸せ"とは?

スプツニ子!が考える「カラダとココロとオカネ」

スプツニ子!が考える「カラダとココロとオカネ」

前向きで充実した人生を送るために必要な「カラダ」「ココロ」「オカネ」とヘルス&ウェルネスの概念とは

メットライフ生命を知る〈歴史篇〉

メットライフ生命を知る〈歴史篇〉

メットライフ生命の歴史や強みを紹介します。

ページの先頭へ