保険期間の決め方は?

[10年]がおすすめです。必要な保障額は奥さまの年齢やお子さまの成長などにつれて変化するため、定期的な見直しが必要だからです。

一般的に必要な死亡保障額は年を経るごとに減少していきます。

必要な死亡保障額の推移イメージ

遺されたご家族に必要な保障額は年を経るごとに減少していきます。

必要な死亡保障額は、奥さまが老齢年金を受け取るまでに必要となる生活費と、お子さまの教育費を足した金額となることを、まず知っておきましょう。それゆえその金額は、一般的に年を経るごとに減少していきます。そのため、保険期間は10年とし、10年ごとの更新時に保障額を見直すことで、必要な保障を過不足なく備えることができます。

他H1602-0106(1602-)