病気によって入院期間は異なるの?

脳血管疾患などの特定の病気は、比較的治療にかかる日数が長くなるようです。入院が長引きがちな病気には手厚く備えておくと安心です。

主な傷病の平均在院日数 虚血性心疾患:8.2日 悪性新生物:19.9日 肝疾患: 25.8日 糖尿病:35.5日 腎不全:56.7日 高血圧性疾患:60.5日 脳血管疾患:89.5日 出典:厚生労働省「患者調査」(平成26年)

他H1609-0006(1609-)