ガンなどの特定の疾病に対する一時金保障は必要?

保険料との兼ね合いで決めましょう
ただし、重い病気になった際は様々な費用がかかる場合があるため一時金保障があるとより安心です。

たとえば、ガン治療には下記のような費用が考えられます。

ガンの治療費 再発に備えた定期的な検診 術後の身体ケア(ウィッグなど) 遠方の病院までの交通費

重い病気になった際は様々な費用がかかる場合があり、入院や手術の給付金だけではまかなえない部分が出てくることも考えられます。そうした場合に、まとまった金額を受け取れる一時金保障があるとより安心です。

他H1607-0019(1607-)