生命保険は若いうちに加入した方が良いのですか?

若くて健康なうちは、病気やケガによる入院や万が一の備えはまだ必要ないと思われるかもしれませんが、若くて健康なうちに生命保険の加入・見直しを検討することで以下のようなメリットがあります。

メリット1.病気やケガのリスクが少ない若くて健康なうちは“希望の生命保険に加入しやすい”

病気やケガによる入院・手術の心配が高まる年齢になってから保険の加入・見直しを検討した場合、健康状態などから生命保険への加入が難しくなることや、保険料の割り増し、保障の一部制限といった条件付での加入となってしまい、思っていたような保障を備えることが難しくなることもあります。

「高齢になってから必要になる生命保険にいまから加入するのは保険料のムダでは?」と思われるかもしれませんが生命保険は年齢・性別を問わず誰にでも起こりえる“万が一”に備えるものですので、年齢に関わらず必要だなと感じたときに検討をはじめてみることをおすすめします。

メリット2.同じ保障内容であれば若い方が一般的に“保険料が割安”

生命保険は年齢が上がると一般的に同じ保障内容であっても月々の保険料は高くなるので、加入を決めているのであれば年齢が上がる前にお申し込みいただくことをおすすめします。

他H1602-0136(1602-)