ガンの治療期間の実態は?

ガンの治療期間は、ひとによってさまざまです。

ガンの治療期間の割合

ガンの治療は、外科的手術でガンを切除することで、短期間で終了する場合があります。その一方で、抗がん剤を使用する場合は効果や副作用の様子を見ながら治療を継続していきますので、治療が長引く場合があります。再発や転移によっても新たな治療が必要となるケースもあり、さまざまな状況に備えておく必要があります。

※初発ガン完治者ベース。再発後の治療期間は含みません。
※2014年11月 メットライフ生命調べ
(がん罹患者またはがん罹患経験者のアンケート結果)

メットライフ生命Flexi Sの三大疾病保障は、
急性心筋梗塞や脳梗塞だけでなく、罹患される方が多い狭心症不整脈、要介護の原因となりやすい脳血管疾患なども対象です。

三大疾病とは?

悪性新生物(ガン)

心疾患
狭心症、急性心筋梗塞、心不全、心筋症などを含め幅広く保障します。
*高血圧性心疾患は含まれません。

脳血管疾患
くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、もやもや病などを含め幅広く保障します。

D1705-0013