保険選びのポイント自営業の方

会社員の方は、健康保険の傷病手当金制度があるため、入院時の給付金額は日額5,000円程度でも問題ないでしょう。しかし、自営業の方は、入院することにより収入が減るというリスクがあります。そのリスクをカバーするためにも医療保障は手厚くして、日額10,000円程度備えるとよいでしょう。

保険選びのポイント自宅が賃貸の方

持ち家で住宅ローンを借入れしている方は、万が一のことがあった場合、団体信用生命保険で住宅ローン残高が清算されます。遺されたご家族はローン返済の必要もなくなり、住まいにかかるお金は維持費分のみとなります。しかし、賃貸の方は、遺されたご家族が住むための家賃も必要になるので、それも考慮して死亡保障額は増やしておきましょう。例えば、家賃が月10万円、20年間分を準備するのであれば、月10万円×12ヵ月×20年=2,400万円程度の死亡保障額を上乗せすることになります。

保険選びのポイントお子さまが2人以上の方

お子さまが2人以上の方や、今後お子さまが増える場合には、お子さまの人数に応じて教育費を準備する必要があります。死亡保障で教育費を準備するのであれば、死亡保障額に必要な教育費分を上乗せしましょう。

1人あたりにかかる教育費の目安はこちら

保険選びのポイントお子さまの進路による教育費の違いは?

お子さまの進学先が私立か国公立かによってかかる教育費が変わってきますので、お子さまの進学先の希望に応じて教育費を準備する必要があります。死亡保障で教育費を準備するのであれば、死亡保障額に必要な教育費分を上乗せしましょう。

幼稚園から大学を卒業するまでにかかる教育費の目安はこちら

保険選びのポイントお子さまの年齢による違いは?

お子さまの年齢によって、その後の必要な教育費は変わってきますので、今後かかる教育費に応じて教育費を準備する必要があります。死亡保障で教育費を準備するのであれば、死亡保障額に必要な教育費分を上乗せしましょう。

幼稚園から大学を卒業するまでにかかる教育費の目安はこちら

保険選びのポイント奥さまが働いている方

共働きで奥さまに安定収入がある場合には、ご主人さまに万が一のことがあっても奥さまの収入を遺されたご家族の生活費にあてることができます。例えば、奥さまが月10万円分の収入を20年間得ることができるのであれば、月10万円×12ヵ月×20年=2,400万円は死亡保障額を減らすことができると考えられます。今は奥さまが働いていないが、ご主人さまが万が一の場合には働くということも考えられます。確実ではない場合には安易に減額しない方がよいかもしれません。

D1704-0007