このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

PAGE TOP
MetLife 生命保険のメットライフ生命

Vol.2長崎オフィス

  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ戻る

働く環境

コールセンターには女性社員が多く子育て中の方やキャリアアップを目指す方など、様々な方が安心して働ける職場環境があります。ビルの1階には保育所もあり、子供と手を繋ぎながら出退社している社員もたくさんいます。

地元自慢

オフィスから見える長崎港には多くのクルーズ客船が寄港します。幻想的な船の汽笛の音がオフィスまで聞こえてきます。オランダ坂などの名所も近く、通勤時にはたくさんの外国人や観光客とすれ違います。夜景で有名な稲佐山からも当社のビルははっきりと見えますよ。2015年には世界遺産登録が決定しましたので、さらに多くの方に長崎の良さを知っていただけるようになると思います。

おすすめグルメ

長崎には美味しいものがたくさんあります。カステラ、ちゃんぽん、皿うどん、トルコライスやからすみ等は有名です。なかでもちゃんぽんや皿うどんはこだわっている社員も多く、オススメのお店が人によって全然違ったりします。お店によって具材や出汁に特徴があるのでいろんなお店を試してお気に入を見つけてください。
また港町なので海産物も豊富です。クエや鯨など珍しい魚介類もたくさんあります。あまり有名ではないかもしれませんが、かまぼこもお薦めです。

長崎オフィス(長崎カスタマーコンタクト部)のご紹介

保険の知識やコンタクトセンターでの業務経験がなくても、充実した研修制度で「保険のプロ」を目指せます。きれいなオフィスで、長く安定して働ける職場ですし、保険の知識やコミュニケーションスキルを身につけることができます。女性社員が多く子育て中の方やキャリアアップを目指す方など、様々な方が安心して働ける職場環境です。また、社員一人ひとりが明るく前向きに仕事に取り組み、時にお互いを支えあいながら日々の業務を進めています。ユニットリーダーとの面談などを通して困ったことを相談でき、常に改善機会を見つけ改善に取り組むことでレベルアップを目指しています。

働く環境

長崎くんちやランタンフェスティバルで有名な長崎市にあります。長崎は坂が多いというイメージがありますが、水辺の森公園エリアに立地した平地です。メットライフ生命長崎ビルで約1200人、当部門だけでも128人従事しています。また県立美術館やレストランも近くにあり、従業員割引等で美術品に触れられたり、ランチにいく場所にも恵まれています。

地元自慢

夏の花火大会の時期には屋上を開放し、間近で花火を楽しむことができます。
毎年多くの家族連れで賑わっています。

おすすめグルメ

皆さん長崎に来たら太ってしまうとうれしい悲鳴がよく聞こえるぐらい、ご飯は自慢できます。以下に一例を・・
  • ちゃんぽん 皿うどん(有名ですね)
  • 魚介類(アジ、ふぐ、伊勢海老などなど)
  • トルコライス(ピラフの上にトンカツとパスタがのっている非常にボリューミーです。)
  • ミルクセーキ(食べることができます。飲み物感覚ではなくデザートです。)
  • カステラ(これも有名ですね)
  • 角煮まんじゅう(最近人気があるお土産です。)

オフの過ごし方

皆さん休みの日には、アクティブな行動を取られる方が多いです。
例えば釣りなども、長崎には釣り場も多く楽しんでらっしゃる方も多いです。
あと、冬の時期になりますが、牡蠣小屋等にいって皆さんで楽しんでいる方も非常に多いです。
牡蠣小屋にいって、炭火で焼いて、お酒をたしなむ・・・
書いているだけでよだれが出ますね(笑)

地元チームの応援

地元として、応援をしているのが、J2へ所属しているV・ファーレン長崎(ヴィファーレン)を応援している人が多いです。事業所としてという単位ではないかも知れませんが、皆さんでよく応援に行ったりしているという話題があがります。
あと、野球は九州なので、ソフトバンクの応援にいったりしています。最近では、部門をまたいで卓球大会も開催しており、皆さん日頃の業務を忘れて楽しんでおります。

長崎オフィス(長崎契約査定部)のご紹介

新契約の申込後の引受からその後成立するまでの間の様々な手続きを行っております。すべてはお客さまのためにという気持ちで一丸となって業務を行っております。事業所自体の設備も、例えば個人のデスクや電話機また椅子も設備が整っており、快適に業務に取り組んでいます。また、みんなで飲みに行くことなど、メリハリをつけてみんなで楽しんでおります。非常に明るい雰囲気で、一人一人がお客さまのことを考え業務に取り組んでいます。各自が責任感を持って業務に取組みしている一方で、全員で同じ目的に向かって行動を行うときの一体感についても、元々の土地柄から率先して目的に向かって最善の方法を探して業務を行っております。育成についても、各セクションでの教育体制等もその人にあった形での育成を心がけております。