このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ENTRY

ここから本文です。

Pride07 「考える前に体を動かせ」
基本を忠実に守り、10年間。
笑顔で作り上げた“廣瀬スタイル”
「考える前に体を動かせ」
基本を忠実に守り、10年間。
笑顔で作り上げた“廣瀬スタイル”

廣瀬さんは大手証券会社が続々と破綻した98年にメットライフ生命に入社。お客さまに継続的なアプローチをするために、誕生日の贈り物や手書きの手紙を折々に送ることを欠かさない。保有する顧客数は約1,000人という廣瀬さんにとって、その手間暇を惜しまない理由とは一体何なのだろう。

築地エイジェンシーオフィス
エグゼクティブコンサルタント
廣瀬 浩二

“廣瀬スタイル”はこうしてできた
入社してからの地道な営業、転機、そして…
“廣瀬スタイル”はこうしてできた
入社してからの地道な営業、
転機、そして…

教えられたのはただひとつ「考える前に体を動かせ」
その言葉をひたすら実践した
教えられたのはただひとつ
「考える前に体を動かせ」
その言葉をひたすら実践した

前職は証券会社で3年半勤務していました。私がメットライフ生命に入社する頃、大手の証券会社が相次いで破綻しました。そんな時代であっても私は証券会社での仕事が好きだったので、辞めるつもりはなかったのですが、親しくしていた方にスカウトされたことがきっかけです。“外資系”に対する憧れだけでなく、スカウトしてくれた人が格好良く見えた、というのが本音かもしれません。

イメージ

入社当初は、保険業界が初めての人ばかりの部署に配属されました。教わったことは「考える前に体を動かせ」ということでした。私も含めて部署の人間全員に知識がないので、いろいろ質問があったのですが、当時は今と違って気軽に聞ける部署もありませんでした。営業手法はもちろん、わからないことがあっても誰に聞いていいかわからず、結局は自分でやるしかなかったんですね。初めの2年間は「考える前に…」という言葉の通り、とにかく飛び込み営業とテレアポを繰り返していました。午前中にテレアポ、午後は夕方まで飛び込み、さらにその後またテレアポ…と 1日に数百軒は営業していたでしょうか。求人誌やタウンページをめくりながらひたすら電話をかけ、中小法人を中心に回っていました。僕が証券会社に勤務していた時代は株式市場があまりいい状態ではなかったため、それまでも飛び込み営業の繰り返しでしたから、それほど苦ではなかったです。

ようやく訪れた大きな転機
地味にも思える営業活動の繰り返しの果てにつかんだ運とタイミング
ようやく訪れた大きな転機
地味にも思える営業活動の
繰り返しの果てにつかんだ
運とタイミング

契約がなかなか取れない時は辛いですが、運やタイミングも大きいですね。とにかくこまめに契約を取ること、それが第一でした。飛び込みやテレアポでひとりでも多くのお客さまにお話を聞いていただくポイントは、“明るく元気よく”接すること、これしかありません。実際にお会いした方に「どうして会ってくださったんですか?」と伺ってみたら「元気が良さそうだったから」とおっしゃってくださることも多かったですね。

こうしてコツコツと小さな契約を取り続けていたのですが、2000年に私にとって大きな転機が訪れました。何度か同じ企業様の所に顔を出しているうちに、社長と親しくなり、入社して初めて大きな契約を結ぶことができたんです。

保険の営業マンに対して「すぐに辞めてしまう」というイメージがあったようなのですが、何度も足を運ぶことで徐々に信頼を得ることができたのだと思います。この時をきっかけに、運が向いてきたのか、再契約や新規のお客さまをご紹介いただく機会が増えていきました。

イメージ

この頃から同年代のコンサルタントや、他のオフィスに勤務する人と接する機会が一気に増えました。彼らはお酒を飲みながら情報交換をする良き仲間であり、ライバルでもあります。いい成績を上げているライバルの存在はやはり大きいです。彼らと比べると自分は“遠回り組”だなと感じます。中級スクール(※1)に通うのも私はちょっと遅かったのですが、早めに参加した方が良かったなと痛感しました。

(※1)中級スクール:一定条件をクリアしたプロデューサーが参加できる集合研修。
講義やディスカッション、ケーススタディを通じて、マーケット攻略について学んでいます。

上司の言葉に嘘はなかった
ひたむきに実践したからこそ、今がある
上司の言葉に嘘はなかった
ひたむきに実践したからこそ、
今がある

今年で入社して10年目になりますが、現在の顧客数は約1,000人です。おもに法人やドクターが中心ですね。コツコツやってきたことが今に繋がった、そう考えると「考える前に体を動かせ」という言葉に嘘はなかったなと思います。
私が得意とする商品は保障がしっかりしたもの。これは入社当初からあまり変わりません。中でも保障と資産形成を兼ねているドル建の商品をお勧めすることがほとんどです。
これは前職の経験から、株や為替の動きについても説明がしやすいということもあります。お客さまが何年かけていくら貯めたいのか等、具体的に伺いながらプランを立てていくんです。メットライフ生命には本当にいい商品が揃っていますから、お勧めするこちらとしてもやりやすいんですよ。
私の売り方は、まず為替に対して興味を持っていただくこと。興味を少しでも持ってもらえれば今加入している保険に追加したり、ご家族に加入していただくパターンもあります。

Copyright(C)