このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ENTRY

ここから本文です。

体を動かすだけじゃない
誠意に彩られた廣瀬流・営業スタイルの極意とは
体を動かすだけじゃない
誠意に彩られた
廣瀬流・営業スタイルの極意とは

ひとりのお客さまに何度もアクションを起こすことで自分を覚えてもらう
そのために費やす時間は惜しまない
ひとりのお客さまに
何度もアクションを起こすことで
自分を覚えてもらう
そのために費やす時間は惜しまない

私が日々の業務の中で力を入れていることは、ご契約者さまの“保全”(※2)です。年賀状や暑中見舞いのほか、年末にはカレンダーをお渡しし、誕生日にはハンカチに手書きの手紙を添えてお送りしています。手紙を書くだけでかなりの時間を費やしますが、無駄な時間だとは思いません。小さなものでも、やはり贈り物って貰う側は嬉しいと思うんですね。なかなか会えないお客さまへの感謝の気持ちと、メットライフ生命の封筒に入れることで宣伝も兼ねてお送りしています。また、ひとりに対して1年に4〜5回アクションを起こすことで、お客さまに「自分のことを忘れてないんだな」と思っていただきたいんです。新しいご案内もしやすくなりますし、それをきっかけに次に繋がることも少なくありません。毎年続けていくことで感謝の言葉をいただいたりもして、私自身も嬉しいです。

(※2)保全:住所変更、名義変更、口座変更など、ご契約を正しい状態に保つために行う業務。

廣瀬流メール術
今やほとんどの人が日常的に使っている電子メール
廣瀬流メール術
今やほとんどの人が
日常的に使っている電子メール

イメージ

最近はほとんどのお客さまがメールアドレスをお持ちですので、メールも大いに活用しています。
メールのいいところは、形に残るところ。例えば「いった、いわない」でトラブルになることもありません。また、お忙しい方がほとんどですから、いきなり電話をするより効果的かもしれません。

ご契約に繋がりそうなお客さまにはメットライフ生命のメールマガジン(※3)へご登録いただいています。自分の写真と名前入りで送れるので、私から月に1回は連絡がいっていることにもなって、継続的なアクションを起こすという点で有効な手段ですよね。

唯一…難点があるといえば、手書きのメールアドレスをいただいた場合、読みにくいことでしょうか(笑)。名刺に書いてあることも多いですから、どんどん活用するべきだと思います。今後ももっと上手く活用していきたいツールです。

(※3)メットライフ生命のメールマガジン:メットライフ生命が毎月発行しているメールマガジン。ファイナンシャルプランナーによる保険基礎講座をはじめ、健康・ビジネスに関する多彩な情報を無料でご提供しています。

ゴルフができる人間は仕事もできる?
趣味とおつき合いを兼ねたゴルフでお客さまとの距離を縮める
ゴルフができる人間は
仕事もできる?
趣味とおつき合いを兼ねた
ゴルフでお客さまとの距離を
縮める

ゴルフが趣味なのですが、休日には趣味と仕事を兼ねてお客さまとよく一緒に周っています。お客さまに勝ってしまったことがあり、その方に「以前ご一緒に周った時、負けたことが悔しくて、上手くなろうと思った」とお伝えしたら、喜んでいただいたこともありました。当時はゴルフがとても下手でしたから、負け方も酷いものでした。特にご年配の方の中には“ゴルフができる=仕事ができる”と思っているお客さまもいらっしゃるので、この負けた悔しさをバネに、練習をしたことが上達のきっかけにもなりましたし、今でもコツコツと腕を磨いています。ただ、とにかく最低限の礼儀やマナーには気を遣うようにしていますね。これもひとつのコミュニケーションツールといえると思います。プレイを楽しむ際は大抵、お客さまのお友達もいらっしゃいますから、そこからご紹介を頂けるというメリットもあるんです。

10年という節目に、彼が描く次のヴィジョン 10年という節目に、
彼が描く次のヴィジョン

キャリアを重ねても、お客さま第一主義は変わらない
この先も真のコンサルタントを目指す
キャリアを重ねても、
お客さま第一主義は変わらない
この先も真のコンサルタントを目指す

イメージ

私は毎年、手帳に目標を15項目書いて、叶ったら消していくことにしています。全部が叶うというわけではありませんが、今年はMDRT(※4)やMVP(※5)の連続入賞を目指すほかに、保全契約をしっかりというのが大きな目標です。お客さまとのやりとりの中でも保全契約は一番トラブルが多く、お客さまが契約の内容を大きく変えるきっかけにもなります。今は他社の商品もバラエティが豊かになってきましたから、そういった意味でも真剣に取り組んでいかなければと思っています。
今後の目標は、ひとりの“コンサルタント”としての道を貫くこと。上の立場にいけばいくほど下にいる人間の面倒を見たりと、どうしてもお客さまが二の次になってしまうのがいやなんです。総合的な商品展開がメットライフ生命の良さですから、お客さまに「すべてお任せする」といってもらえるようになりたいですね。

(※4)MDRT:1927年に発足した Million Dollar Round Table (MDRT)は世界70の国と地域の500社以上で活躍する、49,500名以上(2016年8月現在)の会員を有する、卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織です。MDRT会員は卓越した商品知識をもち、厳しい倫理基準を満たし、優れた顧客サービスを提供しています。また、生命保険と金融サービス業界の最高水準として世界中で認知されています。(※5)MVP:メットライフ生命のコンサルタントの中でも、特に高い実績をあげた成績優秀者が招待される海外での研修旅行。

入社を考えている人たちへ伝えたいこと 入社を考えている人たちへ
伝えたいこと

メットライフ生命はいわば“個人経営”的な社風が特徴。自分自身がヴィジョンを描くことで将来が見えてきます。頑張れば頑張った分だけ収入も増えますし、自分自身の充実感にも繋がる。転勤もありませんから、会社を作っている楽しさを味わいながら仕事をしていくことができます。「やってみたい」という気持ちが数パーセントでもあるならば、やらずに後悔するよりも入社することをお勧めします。

(取材日:2008年1月)

Copyright(C)