このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ENTRY

ここから本文です。

コンサルタント=職人という仕事
その魅力と見据える未来
コンサルタント=職人という仕事
その魅力と見据える未来

時間をコントロールすることは
すなわち人生を制すること
時間をコントロールすることは
すなわち人生を制すること

コンサルタントの仕事の魅力は、いい意味で緊張感があることです。お客さまと1対1で相対して、人生にかかわる大切なお話をする。お客さまのマイナスになる商品は紹介しませんので、契約していただければ、両者の勝利でWin-Winといえます。ご契約いただけた時の達成感は何にも代えがたいですね。

この仕事の魅力という意味で印象深い出来事があるのですが、ボランティア仲間のひとりで親しくお付き合いさせていただいていたお客さまがいまして、苦労して飲食店を始められ…やっと軌道に乗りかけた矢先、旦那さんが病気で急死してしまったんです。
残されたご家族は、奥様と幼いお子様ひとり。当時、私の妻と子どもの年齢も近いこともあり私にとっては、とても他人事に思えなかったんですね。
ちょうど訃報連絡を受けた日は、オフィスでの食事会に出席する予定でしたが、キャンセルして、すぐお客さまのところへ駆けつけたのを覚えています。落ち着くまで、確か2〜3年間はかかったかと思いますが、その間お客さまのことが気になり仕事の空いた時間をみつけては訪問して、相談にのらせていただいていました。
あとになって、奥様から「今こうしていられるのは瀧澤さんのおかげです」といわれたひとことが、本当に嬉しかったですね。この仕事をしていてよかったと思いました。

イメージ

営業に安泰という言葉はありません。だから刺激的で楽しく、私に合っているのだと思います。また、完全に個人プレーなので、自分の仕事がうまくいかなかった時も自己責任。“会社のせい、人のせい”ということがないので、その分かりやすさがとてもラクです。色々な要因が絡み合って、誰の責任だか分からないというところがありません。

入社してよかったと感じるのは、頑張った分だけ給料で評価を得られることもそうですが、何より時間を自由に使えるということです。土日はお客さまと会うチャンスなので、逆に平日は時間を自由に組み立てることができます。自分の時間もままならなかった前職に比べて自分の人生をコントロールできている感がありますね。夢だった一戸建ても入社3年目で建てることができて、妻も両親も凄く喜んでくれています。今では家族が私の大応援団です。

1日1日ベストを尽くしていたら
エグゼクティブコンサルタントに
1日1日ベストを尽くしていたら
エグゼクティブコンサルタントに

毎月の数字にこだわり続け、足元を見ながら毎日をゆっくり走っていたら、いつの間にか10年。そして気付いたらエグゼクティブという地位を得た、というのが今の正直な実感です。実はこれまで「いつまでにこの役職にいたい」という目標を立てたことがありません。ただ毎日をしっかり、足を地に着けて仕事をしていくことだけを考えてきました。コンサルタントとはプロフェッショナルであり、“職人”であるべきだと思っています。地に足の着かない夢はもたず、飾らず、さぼらずに仕事を行う。それが私の理想のコンサルタントの姿です。入社した時は“細く長く”会社で働くことを考えていましたが、今は“太く長く”を目指しています。今後は、保全にも力をいれ、ご家族が増えた場合など、きめこまやかな営業をしていきたいですね。そしてこれまでどおり、しっかり足元を見つめてコツコツ努力すれば、また新たなフェーズにたどり着けるのではないかと思っています。

入社を考えている人へのメッセージ 入社を考えている人への
メッセージ

イメージ

これから入社する人は、「お客さまに最適の商品をご紹介したい」という熱い使命感をぜひ抱いて入社してほしいですね。保険はほとんどの人が必要としていますので、それを売ることは大きなやりがいになるでしょう。指示を待っているのではなく、自ら考えて動くことができる人にぴったりの仕事ですので、常に挑戦し、レベルアップして、マーケットを開拓していってください。私は特に派手な成績は残していません。でも地道にやってきた結果が今につながったと思っています。メットライフ生命はこのような地道な頑張りを十二分に評価してくれる会社であり、どんな人にでも平等にチャンスを与えてくれる会社です。ぜひ飛び込んでみてください。

(取材日:2008年5月)

Copyright(C)