このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ENTRY

ここから本文です。

現在の目標と
入社を考えている人へのメッセージ
現在の目標と
入社を考えている人への
メッセージ

子どもが小さい今だからこそ
ワークライフバランスを大切にしたい
子どもが小さい今だからこそ
ワークライフバランスを大切にしたい

実は今年から仕事と共に、プライベートも充実させたいという目標があります。これからしばらくは、“子どもの教育”にも力を入れていきたいと思っているのです。共働きなので、子どもを保育園に迎えに行くことは前からしているのですが、最近ではもっと子どもと関わりたいと思い、保育園の父母会の会長になりました。会長職は3年間で、その間は仕事と併せて会長活動にも力を入れていくつもりです。

今、息子は6歳、娘は4歳になります。「パパ」と慕ってくれて、一緒に遊べる時間はそう長くはないので、子どもたちと過ごせる時間を大切にしたいと思うのです。そして、プライベートに力を入れることによって、仕事への相乗効果があることも感じています。時間がない中でやりくりしていると、集中力も高まるのか、事務作業などは本当に効率よくなりました。

基本的には土日に仕事は入れず、今週の土日にお客さまが空いているとおっしゃっても、来週の平日で都合が合えばそちらにしてもらうようにしています。また、平日も時には早めに仕事を切り上げ、保育園に子どもを迎えに行くこともあります。メットライフ生命のコンサルタントとしても異例かもしれませんが、これだけ自由に自分のスケジュールを決められる会社はほかにないと思います。メットライフ生命に入り、この自由さを手に入れることができて本当に良かったです。仕事と生活、どちらもバランスよく、自分らしくできる会社で働けてとても幸せですね。もちろん、このような環境を与えてくれたメットライフ生命には数字で恩返ししたいと思っています。

ルールを守れば
自分なりの生き方ができる会社
ルールを守れば
自分なりの生き方ができる会社

メットライフ生命は朝、出社するなどのルールを守れば、その人なりの生き方が実践できる会社です。私のように家庭生活にも重きを置いた働き方も可能です。この自由さが第一の魅力であり、仕事に見合った給料を得られることが第二の魅力ではないでしょうか。さらに保険という特化した商品を扱うというのも、一般の銀行員などに比べたら魅力だと思います。私もかつて信用金庫で色々な商品を扱っていました。預金や国債、保険など色々な金融商品を売らなくてはいけません。でもメットライフ生命は、保険だけなのでシンプルです。種類が多いので、もちろん商品の勉強は必要ですが、保険だけに集中できるので、精神的にはかなりラクだと思います。私のような金融関係に勤めていた方は、少しでも興味があれば挑戦して欲しいと思います。飛び込んでみて損はない会社です。

(取材日:2008年9月)

Copyright(C)