このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ENTRY

ここから本文です。

将来の目標 将来の目標

「ワーク・ライフ・バランスを大切に、定年退職まで勤めあげたい」 「ワーク・ライフ・バランスを大切に、
定年退職まで勤めあげたい」

イメージ

子どもたちの成長や家族のライフスタイルの変化、通勤や家事育児などが足かせになって、そこで数字を取り続けるということが、きつくなる時期があるだろうと思います。今はまだ子どもたちのためにかかる時間が多いですし、あと数年は子どものことをまず一番に考えなければいけませんが、その中でも結果を出し続けていかなくてはなりません。そのサイクルがうまく回っていないと私はここで生きていけないと思うんです。まさにワーク・ライフ・バランスがうまく取れること、それがこれからの私には必要不可欠であると思っています。そのバランスをうまく取って、定年退職まで会社にいられたらと思っています。

メッセージ メッセージ

「女性が自分の力をこんなにも試せる職場は、そうありません」 「女性が自分の力を
こんなにも試せる職場は、
そうありません」

特に女性の場合、保険営業と聞くと一歩引いてしまうと思います。私もそうでしたが、でも全然そんなことないよと言ってあげたいです。専業主婦だったので、誰かから認めてもらったり、褒めてもらったりする機会があまりなかったのですが、この仕事であれば結果を出せば認めてもらえるんですね。それが自分にはとても心地よい体験でした。仕事は確かに厳しいですが、でもこんなに自分の力を試せる仕事はありません。勘、五感、知識など自分の持っているものを確認できるんです。保険自体も知らないと損をすることもあるので、自分のためにもなります。沼津エイジェンシーオフィスの杉山ASMは熱い人ですし、私自身も熱い性格の人間です。営業は熱さが大事なので、自分で自分を熱いと思う人はぜひ来ていただきたいです。単純と言うか素直な人、考え込む前にまず動ける人はコンサルタント社員に向いていると思います。この仕事は柔軟性がとても大事なので、それがあれば大丈夫だと思います。

(取材日:2010年8月)

Copyright(C)