このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ENTRY

ここから本文です。

LMCA

日本最高のリーダー
養成機関を目指す

ビジョンを本気で実現するために、業界にとどまらず、
業界を超えて最も選ばれるリーダーを養成する。

Leadership & Management Challenge Academy(以下、LMCA)とは、『私たちはお客さまから最も選ばれる生命保険会社になります。』というメットライフ生命のビジョン実現の根幹となる「未来のリーダー」を養成するために、2014年12月に設立されました。
LMCA の研修期間は6カ月。じっくりと時間をかけてリーダーを養成しています。
LMCAが描くのは、メンバーを管理するのではなく、可能性を解放し、相乗効果を発揮することで、チームまたは組織の力を最大化できるリーダー。
そして、ビジョンを本気で実現するために、業界にとどまらず、業界を超えて最も選ばれるリーダーを養成することを目的としています。

LMCAが目指すリーダー像

  • 1最高の力を引き出す
    リーダー
    人間としての価値と可能性を明確に伝え、メンバー自身の目で見えるようにする

  • 2情熱をかきたて
    信頼されるリーダー
    誠実で愛情に溢れ、献身を喜びとし、元気づけ、勇気づけ、励ます

  • 3未来を描くことが
    できるリーダー
    ゆるぎない信念に基づいて、常に模範となり、メンバーを鼓舞し、希望にあふれさせる

メットライフ生命が期待するのは、彼ら、彼女らの存在が、組織に違いを生み出し、組織としてのより大きな成果と継続的な成功を手にし、お客さま、メンバーおよびその家族に幸せをもたらすことです。
メットライフ生命は、そのような卓越したリーダーを輩出し続けることで、メットライフ生命の掲げるビジョンの実現にとどまらず、世の中に偉大な貢献ができると心から信じています。そのような日本最高のリーダー養成機関を目指すのがLMCAです。

LMCAの学びの流れ

LMCAのポイントは「ラーニングセッション(集合研修での学び)」と「オンサイトセッション(所属オフィスでの実践)」を繰り返し受けるところにあります。このサイクルを6カ月の間に幾度と重ね、確実に自分のものにしていきます。学習・実践テーマは、LMCAの土台・根幹とも言えるフランクリン・コヴィー社が提供する「7つの習慣®」を導入した①リーダーシップ開発プログラムをはじめ②リーダー自身の「Why」の発見③スカウトスキルの向上④育成スキルの向上⑤パーソナルスキル・マネジメントスキル向上の5つを用意しています。

  • 基礎となる考え方を学ぶ

    リーダーシップ開発 「7つの習慣®

  • 4つのワークショップでステップUP

    • リーダー自身の「Why」の発見
    • 育成スキルの向上
    • スカウトスキルの向上
    • パーソナルスキル・マネジメントスキルの向上
  • 業界を超えて
    最も選ばれる
    リーダーへ

<7つの習慣とは>

  • 1の習慣主体的である
  • 2の習慣終わりを思い描くことから始める
  • 3の習慣最優先事項を優先する
  • 4の習慣Win-Winを考える
  • 5の習慣まず理解に徹しそして理解される
  • 6の習慣シナジーを創り出す
  • 7の習慣刃を研ぐ
イメージ

LMCAでは、通常は2〜3日間で行われる「7つの習慣®」研修を前半・後半に分け、計5日間の「ラーニングセッション」を実施。「ラーニングセッション」と「オンサイトセッション」を通じて、アウトプットをじっくりと時間をかけて考えていきます。例えば、第2の習慣で作成する「ミッション・ステートメント」を全員が作成します。自分自身の「ミッション・ステートメント」を完成させることで、次に自分がリーダーとして組織を経営していく上で必要となる「本気・本音・本物」の経営理念やビジョンを発見し、スカウトやメンバーの効果的な育成へと繋げていきます。このようなセッションの繰り返しとプロセスが受講者の理解を深め、腹に落ちる感覚を味わうことが実践に向けた大きな原動力となっています。

Copyright(C)