メットライフ生命「#老後を変える」編集部 2019.3.29この記事の所要時間:約5分

 気付いたら、もう1年以上まともな運動をしていない……。普段の仕事や生活に一生懸命な社会人の中には、こうした人も決して少なくないのではないでしょうか。実際、スポーツ庁が発表した平成29年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査」によると、週に1日以上運動やスポーツをしていると答えた人は成人の51.5%。ということは、およそ半分弱の人が週に1日以上の運動やスポーツをしていないことになります。さらに、仕事や子育てなどで特に忙しい30〜50代に限ると、その割合はいっそう高まります。

 メットライフ生命の大塚直輝さんも、社会人になってから運動習慣がなくなり、ついには健康診断で指摘を受けてしまったと言います。しかし、あるきっかけで学生時代に取り組んでいた空手を再開したことで、以前のような健康的な日々に戻っただけでなく、仕事の効率も向上したそうです。再び空手を始めたきっかけや仕事の効率が向上した秘密、それらから学んだことについて話を伺いました。

人生の様々な場面で、空手での学びや経験が生きていると聞きました

 8歳上の兄と道場の父母会会長を務めていた父の影響により、6歳で空手を始めました。当時の私は体が小さかったのですが、そんな私でも自分より大きな人と対等に勝負できることや、技が決まる瞬間の爽快さに魅力を感じ、すぐにのめり込みました。礼節を重んじる空手では、毎回の練習前後に5つの言葉から成る道場訓を言います。中でも自分に正直であり、真っ直ぐに勝負しようという意味の道場訓「真の道を志すこと」は人生に大きな影響を与えたと感じています。週3〜4回の練習や、大会に必ず来ていた父にいつも言われていたのが「義理と筋は通しなさい」ということです。今考えると、道場訓は父の言葉にも通じるものがあったかもしれません。

 

大塚直輝さん

 

 空手は大学を卒業するまで続けたものの、仕事で大阪配属になったのを機に離れました。新入社員として知らない土地での生活となり、環境が大きく変わりましたが、空手で鍛えた精神力のおかげで乗り越えられたと思っています。一方で大阪は食べ物がとてもおいしく、遅い時間に夕食を取っていたこともあり、あっという間に体重が増えてしまいました。学生時代の友人とすれ違っても気付いてもらえずショックを受けたり、健康診断の結果も良くなかったりなど、気にはなりつつも、一度身に付いた習慣はなかなか変えられませんでした。振り返ってみると、自分の行動に責任や覚悟が持てていなかったように感じます。

10年以上も離れていた空手に再挑戦しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

 当時68歳でヘビースモーカーだった父が、突然たばこをやめたことです。父が言うには「自分は健康寿命を伸ばしたい」からだと。父の意志は固く、あれだけ吸っていたたばこをキッパリやめたことに衝撃を受けました。ちょうど私も何かしなければと感じていた頃であり、父の姿を見て本気で行動しよう、空手ならもう一度挑戦できるかも知れないと思えました。その時私は35歳でしたが、遅すぎるとは思いませんでした。どこかでずっと「また空手がやりたい」という気持ちを持ち続けていたからなのかもしれません。

 

一念発起して再び空手と向き合うことに

 

 空手を再開するにあたり、健康増進だけを目標にしてもつかみどころがなく、モチベーションの維持が難しいと思いました。そこで、どうせやるなら学生時代に成し得なかった、個人戦で県予選を勝ち抜き、全国大会に行くことを目標にしました。もともと自分でやると決めたら努力を惜しまない性格ということもあって、平日は毎日ジョギングとジムでのウエイトトレーニング。週3回は道場通い、そして食生活を見直すというトレーニングの日々を送りました。その結果、減量に成功し、現役時代とほぼ同じ体重になりました。

空手を再開したことで、仕事にも良い影響があったそうですね

 プライベートでは週3回、道場で空手の練習に打ち込んでいたにもかかわらず、業務がよりうまく進むようになるなど、仕事面も充実していきました。実は、目標としていた大会で3位入賞できたものの、本来得意な組手では一回戦負けでした。完全に満足できる結果ではありませんでしたが、この大会で「やればできる」という自信を得ることができました。毎日時間に追われていた自分でも、覚悟を決めることで減量や大会での入賞を成し遂げたという自信を得たことが、仕事にも良い影響を与えたのかもしれません。

 さらに、空手の練習をしながら常に「目標に対してどのように行動すれば結果が得られるのか?」と客観的に考えるようにしていたことは、そのまま仕事にも生かせました。ほかにも、例えば空手では、対戦相手の顔を見ながら相手の考えていることを想像する必要がありますが、それは仕事でも同じだと思います。仕事相手や同僚などに対してどんなときでも落ち着いて対応できるようになりましたし、空手の練習時間を確保するために仕事のプランニングも念入りに行うようになったことで、効率も上がりました。

 

大塚直輝さん

 

お父さまの存在が大塚さんを変え、大塚さんの存在がまたお父さまのこれからに影響を与えたように感じます

 そうかもしれません。今回私が空手に復帰したことで、私以外の父の教え子たちも道場に帰ってきてくれたので、皆で団体戦に出場することができました。きっと父も喜んでくれたと思いますし、健康でいたいと思う気持ちもますます高まったのではないでしょうか。空手は一つの道場で小さな子どもから高齢者までが一緒に練習し、年齢に関係なく、お互いに教えたり教わったりし合うという文化があります。70歳を超えても軽快な動きで顔の高さまで足を上げる先輩方の姿は、自分にとって刺激であり、目指す将来の姿ですね。

大塚さんが目指す将来の姿とは、どのような姿でしょうか?

 健康で、仕事もレジャーも全力で取り組んでいるというのが理想の姿です。今、70歳の具体的な目標を聞かれても答えられないのが本音ですが、どのような目標であれ、なりたい自分になる、やりたいことをやるには健康であることがとても大切だと思います。そして、それを実現するには自分自身と正面から向き合うことや、覚悟を決めることが大事なのだと、空手への復帰と仕事を通して実感することができました。「なりたい自分になるための覚悟をいつするのか?」この言葉を胸に、これからも空手や仕事に取り組んでいきたいです。

インタビュー中、大塚さんからたびたび発せられた“覚悟”という言葉。毎日時間に追われていた大塚さんが自分と向き合い、覚悟を決めたことで生まれた大きな行動力が、空手や仕事での結果につながり、理想とする自分の姿も思い描けるようになったという話にはとても説得力がありました。

 

 

関連記事

ニュースレター購読をすると読める、福岡伸一さんのプレミアムコンテンツ

資料請求、保険料シミュレーション、保険のプロへのご相談なら

メットライフ生命公式サイト