メットライフ生命「#老後を変える」編集部 2018.6.29この記事の所要時間:約2分

子どものころ、やってみたかったけれどできなかった習い事はありませんか? 子どもだけでなく、大人を対象とした習い事もたくさんあります。例えば、ピアノやサックスなどの音楽教室。趣味として楽しみたい人からプロ志望のミュージシャンまで、さまざまなレベルのレッスンが用意されています。自分の人生、後悔のないように「やりたかったこと」を「やってみる」大人が増えている証ではないでしょうか?

こうした習い事は教室へ通うのが一般的です。しかし、教室を探したり、時間の都合をつけたりと、手間がかかり、忙しい大人にはハードルが高いのも事実。そうした中、自宅で手軽に習い事ができる新しいスタイルが広まりつつあります。その先生はスマートフォンやタブレットの「アプリ」です。

アプリが先生、ピアノのサービス続々

スマートフォンが普及した影響で、英語なども含めて学習を「アプリ」で提供するサービスが次々と登場しました。また学習が目的のものだけでなく、楽器演奏を学べるアプリなど、趣味のためのアプリも多く公開されています。その中でも特に人気を集めているのが「ピアノ」です。

実際、ピアノを習うとなると、教室を探したり、自分にあう先生かどうかを見極める必要があったり、どうしても手間がかかります。Skypeなどを使ったオンラインの教室もありますが、Skypeの設定や使い方がわからない人には少し敷居が高いかもしれません。オンラインになり従来の教室より利便性が向上したとはいえ、先生と時間を合わせる必要もあります。

これがアプリならどうでしょうか? 家にあるピアノや電子キーボードの上に、スマートフォンやタブレットを置いて、一人で好きな時間に好きなだけ練習をできるのです。誰に気を遣う必要もありません。

アプリにはさまざまな難易度のレッスンがあり、それを実際にキーボードやピアノで練習していくうちに、演奏の腕が磨かれていきます。クラシックから最新のヒット曲まで練習曲が多いことも魅力です。iPadやiPhoneの内蔵マイクで演奏を分析してくれるので、ただ一方的に教材の指示に従っているという感じではなく、自分の演奏に対してアドバイスをもらいながら学んでいける体験が得られます。

実際にこうしたアプリを使ってピアノを学んだ人たちがSNSを通じてその腕前を発表する動きも出てきています。老後に向けて、こうした習い事をはじめてみるのも一つですし、家族や友人に趣味として勧めてみてはいかがでしょうか? ITの発達で、誰もが好きなときに好きなだけ学べる時代になりつつあります。私たちに必要なのは、「やる気」だけかもしれません。

 

 

関連記事

ニュースレター購読をすると読める、福岡伸一さんのプレミアムコンテンツ

資料請求、保険料シミュレーション、保険のプロへのご相談なら

メットライフ生命公式サイト

Posted: June 29, 2018