メットライフ生命「#老後を変える」編集部 2019.7.19この記事の所要時間:約7分

 

よその家は老後資金をいくら貯めているのか?

人生100年時代、豊かな老後を送るために必要不可欠なお金。シリーズ最終回となる今回は、なぜ日本人は老後に不安を抱いてしまうのか、具体的に老後資金はいくら必要なのかについて考えていきましょう。

前回、「現在60歳の夫婦が(2人で)豊かな老後を過ごすために、1億円の資金が必要でしょうか?」というクイズを出題しました。答えはYes、No、どちらも正解です。どういうことなのか、具体例を挙げて説明しましょう。夫婦2人で必要なお金が1ヵ月25万円とした場合、1年で300万円になります。100歳まで生きると仮定するなら、300万円×40年で1億2,000万円になります。

しかし、ここで「やはり1億円が必要だ」と早とちりしてはいけません。これはあくまで老後の収入が0円の場合です。年金などの収入や預貯金などの資産から支出を差し引いて計算すれば、必要な老後資金の額は変わってきます。なおかつ、老後の過ごし方でも違ってくるのです。

老後の過ごし方についてお話しする前に、ご覧いただきたいデータがあります。金融広報中央委員会(事務局 日本銀行情報サービス局内)が2018年に発表した預貯金についての調査結果です。

出典:平成30年 金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]を基に作成 出典:平成30年 金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]を基に作成

この調査によれば、2人以上の家庭の金融資産(預貯金・保険・有価証券など)の平均は、 1,151万円。ちなみに中央値(対象世帯を資産の多さ順に並べたとき、ちょうど真ん中にくる世帯の保有額)は、450万円だそうです。この金額をご覧になって、平均値より上だった方は安心したでしょう。反対に、下だった方は少し不安を感じたのではないでしょうか。

日本では「平均」という言葉が好まれます。老後資金も、平均でどのくらい必要なのかという、世間一般の人々が考える平均値を知りたがる傾向にあります。一口に老後と言っても、10人いれば10とおりの過ごし方があります。老後に必要となる資産額も、人生の後半をどう過ごすかによって違ってくるのです。つまり、老後のライフプランが明確であれば、老後に必要な資金も見えてくるわけです。

老後資金は老後のライフプランで異なる。考えるヒントは「3W1H」

老後生活を具体的に考えるためのヒントとして、私は「3W1H」というキーワードを提唱しています。まず「When」「Where」「Who」の「3W」について解説しましょう。

「When(いつ)」は、完全リタイアする年齢のことです。完全リタイアとは、一切働かずに年金や保有する金融資産だけで生活することを指します。男性は1961年4月2日以降、女性は1966年4月2日以降生まれの方は、原則65歳にならなければ公的年金(老齢年金)が受け取れません。したがって、これに該当する方が65歳未満でリタイアする場合は、公的年金を受け取るまで無収入となる5年間をカバーするための資産を準備しなければなりません。反対に、完全リタイアする年齢を70歳に引き上げれば、給料で生活費などをカバーできるので、65歳で完全リタイアする場合に比べて、準備するお金は少なくて済みます。つまり、完全リタイアする年齢によって、準備すべき老後の金融資産の金額は異なるのです。

「Where(どこで)」は、ついのすみかのことです。完全リタイアした後、どこに住むかによって準備すべきお金も異なってきます。現在住んでいる所にそのまま住み続ける、夫または妻の田舎にUターンする、都会から地方に移住するIターンや、生活に便利な都会へ移住する逆Iターンも考えられるでしょう。一般的に、都会暮らしより田舎に住む方が、生活費を低く抑えられると考えられています。仮に毎月の生活費が3万円違えば、差額は1年間で36万円。20年では、720万円も差があります。このように、どこに住むかによって、準備すべき老後の金融資産の額は大きく異なってくることがわかります。

老後のライフプランについて語る深野さん 老後のライフプランについて語る深野さん

「Who(だれと)」は、正確には何人で老後の生活をするのかということです。夫婦2人暮らしなのか、子ども世帯と同居するのか、あるいは親世帯と同居する場合もあるでしょう。食費や水道光熱費などの基本生活費は、1人から2人になったからといって、必ずしも2倍に増えるわけではありません。収入の担い手となる同居人が増えれば、世帯全体の収入も増えるので、1人当たりの基本生活費は減るといわれています。

豊かで楽しい老後を過ごすためのライフプラン作成はお早めに

老後生活を具体的に考えるキーワード「3W1H」。最後の1H、「How(どのように)」は、リタイア後の過ごし方です。ここでは、現在の生活と比較しながら、リタイア後の生活をイメージしてみましょう。

まずは紙とペンを用意して、円を2つ書いてみてください。時計のように1つの円を24時間分に見立てて、リタイア前と老後1日分のスケジュールを比べてみましょう。

それでは、現在の生活から見ていきます。リタイア前の現在の生活は、起床したら朝ごはんを食べて通勤し、仕事をして帰宅。夕飯を食べて就寝したら、ほとんどの時間は埋まってしまいますよね。

同じように、今度はリタイア後、老後1日分のスケジュール表を作ってみてください。現在の生活のように、スケジュールが埋まりましたか?

ちなみに、これをセミナーなどでお客さまに書いてもらうと、ほとんどの方が「ごはん」と「寝る」以外の項目を思い付くことができません。とにかく24時間を埋めようとしても、2つか3つ追加される程度です。しかも、その追加された項目もほとんどが似通っていて、「テレビを見る」「散歩をする」、一軒家にお住まいの方は「庭の草むしりをする」のいずれかに絞られます。どうして多くの方が、同じようなイメージになってしまうのでしょうか?

現在の生活とリタイア後の生活の円グラフ例 現在の生活とリタイア後の生活の円グラフ例

それは、老後にどのような生活をしたいか、ライフプランが見えないからです。
「犬も嫌がる5回目の散歩」という川柳がありますが、笑い事ではありません。リタイア後の生活を明確に意識することで、必要なお金も見えてくるものです。もし、本当にテレビと散歩だけの毎日なら、リタイア前よりお金はかかりませんよね。それなのに老後のお金の心配ばかりしてしまうのは、老後生活が漠然としているからです。

「3W1H」を考えることで、「老後に必要なお金」が見えてきます。これまでお伝えしてきたように、全員に共通する「正解」となる金額はありません。そもそも、何歳まで生きられるのか自分ではコントロールできません。蓄えることばかりに励んでプランニングをおろそかにしていては、未知数の老後期間を楽しみきれないかもしれません。

年を重ねるほどお金は使わなくなることも踏まえたうえで、しっかりと計画を立てたいところです。また、個人差はありますが、年を重ねるごとに体力は落ち、行動範囲も狭くなります。大好きだった海外旅行も、飛行機に乗るのが億劫になって海外から国内旅行になり、その国内旅行も季節のいい春と秋だけ行くように変化していくといわれています。

長年働いて迎えるリタイア後の人生。時間を持て余さないためにも、老後の過ごし方はリタイア後ではなく、現役時代から考え始めましょう。本来、やりたいことや楽しいことにチャレンジできる時間がたっぷりある老後は、長年働いてきた自分へのご褒美の時間です。

豊かな老後を楽しむために重要となるのは、「己を知ること」です。現在の金融資産状況を知り、それを少しでも増やしながら老後のライフプランを考え、いくら必要なのかを考えてみることでハッピーリタイアを実現できるのです。

深野康彦さん

 

<深野康彦さんプロフィール>
1962年生まれ。大学卒業後、クレジット会社を経て独立系FP会社に入社。FP業界歴31年(2019年4月現在)を誇る。金融資産運用設計を研鑽して1996年に独立。現在の有限会社ファイナンシャルリサーチは2006年に設立(起業2社目)。さまざまなメディアやセミナーを通じて、資産運用のほか、住宅ローンや生命保険、あるいは税金や年金などのお金周り全般についての相談業務や啓蒙を幅広く行っている。日本経済新聞夕刊「投信番付」のほか連載多数。日経CNBC「夜エクスプレス」では水曜日のアンカーを担当。新聞・マネー雑誌、経済誌などへの執筆・取材協力および金融商品などのデータ提供を行いながら、テレビ、ラジオにも多数出演している。
主な著書:
『1万円から始めるETF投資』(日本経済新聞出版社)
『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版)  
『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない』(ダイヤモンド社)など多数

 

*記載の情報は2019年7月19日時点のものです。
*取材対象者のコメント、内容は個人の見解であり、当社の公式見解ではありません。また、その正確性を当社が保証するものでもありません。

 

 
ニュースレター購読をすると読める、福岡伸一さんのプレミアムコンテンツ

資料請求、保険料シミュレーション、保険のプロへのご相談なら

メットライフ生命公式サイト