Skip Navigation
長生き時代の資産形成ナビ

長生き時代の資産形成ナビ

人生100年時代の到来と言われる今、お金のほうが先に尽きる心配のないように、早くから備えをはじめませんか。今を把握し、ありたい未来を整理すれば、自分にあった備え方と安心が見えてきます。

長生き時代の資産形成ナビ

人生100年時代の到来と言われる今、お金のほうが先に尽きる心配のないように、早くから備えをはじめませんか。今を把握し、ありたい未来を整理すれば、自分にあった備え方と安心が見えてきます。

将来のお金の安心のために、今からできることは?

欧米では老後を「ゴールデン・イヤーズ」と呼びます。文字通り受け止めるなら、黄金の年代というわけです。ワクワクする未来が待っていそうですね。

一方で日本の老後観はどうでしょうか。この特集ではメットライフ生命が2018年より定点調査として実施している「老後を変える全国47都道府県大調査」を元に、老後に関する意識を明らかにしていきます。最新の調査は、2020年に全国47都道府県の14,100人を対象に実施しました。
そのうち「自らの老後について不安を感じるか」という設問に対し、8割以上の人が「不安を感じている」(不安がある・やや不安がある)と回答しました。
また、新型コロナウィルスの感染拡大による影響で老後の不安の変化を聞くと、約半数が「不安が増えた」と答えました。

では老後をもっとワクワクしたものにするために、私たちはどう変わればいいのでしょうか。
そのヒントをこのコンテンツで一緒に考えていきましょう。

出典:メットライフ生命「老後を変える全国47都道府県大調査」2020年
調査対象:全国47都道府県在住20~79歳の男女を、各都道府県で性・年代別に各30人ずつ(60~79歳は合算)合計14,100人
実施時期:2020年8月 調査方法:インターネット調査

ストーリー2

明るい老後のために、多くの人がはじめようとしていることとは?

ストーリー3

豊かな老後を送るためには、いくら必要だと思いますか?

ストーリー4

「老後に不安がないと思っている人達」から学ぶ資産運用のコツとは?

ストーリー5

資産運用を行いたい人は、本当に実行できているのでしょうか?

ストーリー6

老後を、もっと豊かなものにするために必要な要素とはなんでしょう?

あなたの「?」に答える、資産形成のススメ

資産形成が必要な理由から、リスクを賢くコントロールする方法まで、資産形成を考えるポイントをご紹介します。

動画でわかりやすく!「長生き時代の資産づくりを考える」

長生き時代の資産づくりについて、
わかりやすく解説した動画をご提供しています。

詳細を見る

お客さまの人生に安心をお届けできる 信頼のパートナーとして。

長く豊かな、あなたとご家族の人生のために、もっと保険でできることを。私たちは、いつまでも輝き続ける人生に寄り添ってゆきます。 

ライフインベスト

ライフインベスト

[対面販売のみ]

生命保険として万一の保障がある安心に加えて、7つの特別勘定にご自分で資産を配分でき、投資リスクをコントロールしながらの資産形成が可能な変額保険です。

特別勘定の運用情報

●特別勘定の運用実績により、損失が生じるおそれがあります。また、所定の費用がかかります。
●諸費用とリスクについて必ずご確認ください。
諸費用とリスクについて

USドル建終身保険ドルスマート S

USドル建終身保険ドルスマート S

[対面販売のみ]

死亡保障で万が一に備えながら、USドルで資産運用。教育資金、老後資金の準備もできる終身タイプの死亡保険です。

積立利率 為替レート

●費用および為替リスクについて必ずご確認ください。
費用および為替リスクについて

LINEでチャット相談

メットライフ生命のLINE公式アカウントでは、商品のご相談がチャットでできる他、様々なお役立ち情報をお届けしております。ぜひ友だち追加をお試しください。
※チャットサービスはスマートフォンもしくはタブレットからご利用いただけます。

対面でのご相談

対面でコンサルタントがご質問やご相談に無料でお応えします。まだ検討段階という方もお気軽にご予約ください。

ご予約はこちら(無料)

●商品により、お客さまの年齢・職業・健康状態および過去のご契約歴などによってはお引き受けできない場合や保障内容の制限をさせていただく場合もございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

●引受保険会社 : メットライフ生命保険株式会社

このホームページの情報は、保険商品について一定の項目のみを表示(2020年12月14日現在)したものであって、保険商品の内容のすべてが記載されているものではありません。また表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。保障内容などのほかの要素も考慮し、総合的にご検討ください。商品の詳細はパンフレットや契約概要などを、その他ご注意いただきたい事項は注意喚起情報を必ずご確認ください。

H2101-5461