お取扱い終了商品
この商品は新規の契約をお取扱いしておりません。このページでは、契約者の皆さまに対して情報を提供しております。

変額個人年金保険(災害20%加算型 2004) プラチナライフ アヴァンセ<基本コース>

特別勘定の運用情報

年金バランス型30 * 年金バランス型50 * 年金バランス型70 年金バランス型スーパー6
VA日本株式型 VA米国株式型 VA欧州株式型 VA世界債券型 (円ヘッジ有) *
VA米国債券型 VA欧州債券型 VA米国REIT型 VAコモディティ型
短期金融市場型PL

* 契約年齢76〜80歳の方が選択できる特別勘定は年金バランス型30、年金バランス型50、VA世界債券型(円ヘッジ有)になります。

年金バランス型30 *

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,258円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主に国内債券、国内株式、外国債券、外国株式に投資を行いリスクの分散を図ります。当特別勘定では、株式の組入比率を30%程度とし、安定性を重視しつつ成長性も加味した運用を目指します。外貨建資産の組入比率は、原則として上限を30%とします。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「年金バランス30ファンド(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年1.100%(税込)

年金バランス型50 *

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,512円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主に国内債券、国内株式、外国債券、外国株式に投資を行いリスクの分散を図ります。当特別勘定では、株式の組入比率を50%程度とし、安定性と成長性のバランスを重視した運用を目指します。外貨建資産の組入比率は、原則として上限を30%とします。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「年金バランス50ファンド(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年1.100%(税込)

年金バランス型70

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,823円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主に国内債券、国内株式、外国債券、外国株式に投資を行いリスクの分散を図ります。当特別勘定では、株式の組入比率を70%程度とし、成長性を最も重視した運用を目指します。外貨建資産の組入比率は、原則として上限を30%とします。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「年金バランス70ファンド(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年1.100%(税込)

年金バランス型スーパー6

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,249円

運用開始日 2006年6月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主に国内債券、国内株式、外国債券、外国株式、米国REIT(不動産投資信託)、商品指数の騰落率に値動きが連動する資産に投資を行いリスクの分散を図ります。当特別勘定では、成長性を重視した運用を目指します。外貨建資産の組入比率には制限を設けません。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「年金バランススーパー6ファンド(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年1.100%(税込)

VA日本株式型

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,571円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として日本の株式市場に分散して投資を行い、中長期的な資産の拡大を目指します。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA日本株式ファンドU(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.638%(税込)

VA米国株式型

2020年11月25日現在 ユニット価格:2,901円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として米国の株式市場に分散して投資を行い、中長期的な資産の拡大を目指します。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA米国株式ファンドU(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.557%(税込)

VA欧州株式型

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,649円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主としてヨーロッパの代表的な国の株式市場に分散して投資を行い、中長期的な資産の拡大を目指します。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA欧州株式ファンドU(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.867%(税込)

VA世界債券型 (円ヘッジ有) *

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,024円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として世界の債券(投資適格債券)に投資することにより、インカムゲインおよびキャピタルゲインを追求します。為替については原則フルヘッジとします。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA世界債券(円ヘッジ有)ファンドU(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.770%(税込)

VA米国債券型

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,163円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として米国の債券(投資適格債券)に投資することにより、インカムゲインおよびキャピタルゲインを追求します。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA米国債券ファンドU(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.567%(税込)

VA欧州債券型

2020年11月25日現在 ユニット価格:1,387円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として欧州の債券(投資適格債券)に投資することにより、インカムゲインおよびキャピタルゲインを追求します。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA欧州債券ファンドII(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.767%(税込)

VA米国REIT型

2020年11月25日現在 ユニット価格:2,282円

運用開始日 2004年7月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として米国のREIT(Real Estate Investment Trust=不動産投資信託)に投資することにより、インカムゲインおよびキャピタルゲインを追求します。為替については原則フルヘッジとします。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VA米国REIT(円ヘッジ有)ファンド(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 センタースクエア・インベストメント・マネジメント・エルエルシー
運用関係費用 積立金に対して年1.265%(税込)

VAコモディティ型

2020年11月25日現在 ユニット価格:306円

運用開始日 2006年6月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 当特別勘定では、「ブルームバーグ商品指数(円換算)」が示す世界の商品市況に中長期的な動きがおおむね反映される投資成果を目指します。
主たる投資対象 運用にあたっては、主にパインブリッジ・インベストメンツ株式会社が設定・管理・運用する国内籍投資信託「VAコモディティファンド(適格機関投資家向け)」を用います。
ファンドの運用会社 パインブリッジ・インベストメンツ株式会社
運用関係費用 積立金に対して年0.880%(税込)

短期金融市場型PL

2020年11月25日現在 ユニット価格:763円

運用開始日 2002年10月1日(当初ユニット価格は1,000円です)
運用方針 主として円建の短期公社債や短期金融商品に投資を行い、安定的な収益の確保を目指します。
ファンドの運用会社 メットライフ生命保険株式会社(自主運用)
運用関係費用 積立金に対して年0.044%(税込)

ご負担いただく費用などについてご確認ください。

  • 各特別勘定の運用関係費用は、据置期間中、全ての契約者にご負担いただきます。
  • 運用関係費用には、上記のほか信託事務の諸費用、有価証券の売買委託手数料などがかかる場合がありますが、費用の発生前に金額や割合を確定することが困難なため表示することができません。これらの費用は特別勘定がその保有資産から負担するため、お客さまに間接的にご負担いただき、特別勘定のユニット価格に反映されます。なお、運用関係費用は、運用手法の変更、運用資産額の変動などにより将来変更される場合があります。