ガンの治療期間の実態は?

ガンの治療期間は、人によってさまざまです。

ガンの治療期間の割合

ガンの治療は、短期間で終了する場合もあれば、長期間継続する場合もあります。
例えば、外科的手術の中には腹腔鏡手術や胸腔鏡手術のように身体への負担が少なく比較的短期間で治療が終了するものがあります。
一方、抗がん剤を使用する場合は「治療の日」と「治療を行わない日」を計画的に組み合わせて、効果や副作用の様子を見ながら治療を継続するため、治療の終了までに長期間を要するものもあります。また、経過観察をしているときに、再発や転移により治療が再開されるケースもあります。
ガンの治療サイクルや再発・転移を考慮して備えておくことが大切です。

※初発ガンの治療終了者
※調査対象者は「がん罹患者またはがん罹患経験者」
出典:メットライフ生命調べ「特定疾病に関するインターネット調査(2018年12月)」

D2101-0008