このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

商品付帯サービス(けんこうライフステーション)TOP

ガン総合サポートサービス

ガンに特化した総合的な医療サポートが受けられるサービスです。

ガンと診断されたが、本当にこの治療方針でいいの?難しい用語でよくわからないことも・・・。

そのような場合

ガンに関するさまざまな質問や相談に無料で総合的に対応します。

ご利用対象者

対象保険契約の

被保険者

対象保険契約はこちらからご確認ください

ご利用にあたっての専用電話番号の確認方法はこちら

  • 3つの特徴
  • 相談事例
  • ご利用の流れ
  • 注意事項

3つの特徴

  1. 1

    専門のスタッフがガンに関する質問に電話で回答【ガン電話相談ダイアル】

    医師、もしくはガンに関する豊富な知識を持つ専門スタッフが、ガンに関するさまざまな質問にお応えします。
    ガンによる先進医療に関するご相談や、医療機関情報などの提供も受けることができます。

  2. 2

    話題の陽子線治療や重粒子線治療(先進医療)に対応【粒子線治療サポートサービス】

    「粒子線治療」を専門とする総合相談医から、ご自身のガンについての「粒子線治療」に関する相談を受けることができます。
    総合相談医が面談にて粒子線治療への適応を判断した場合には、「粒子線治療」を実施する医療機関を紹介します。
    粒子線治療の適応とならない場合には、他の治療法に関する相談を受けることもできます。

    粒子線治療について総合相談医とご利用者で相談(セカンドオピニオン)→紹介が必要と判断された場合 粒子線治療医療機関への紹介

  3. 3

    日本を代表する専門医「総合相談医」のセカンドオピニオン【セカンドオピニオンサービス】

    各専門分野を代表する医師が「総合相談医」となり、セカンドオピニオンを提供しています。

    ⇒詳細はセカンドオピニオンサービスのページをご覧ください。

こんなご相談にお応えします!「ガン総合サポートサービス」相談事例

  • 45歳 女性

    大腸切除及び人工肛門造設術の予定が、一転追加治療の必要なしと発覚。

    大腸ガンの疑いで大腸切除および人工肛門造設術を受ける予定だったが、念のためこちらのサービスでセカンドオピニオンを受けました。
    再度確認した結果は「高度異型腺腫」。欧米ではガンと言わないそうです。「追加治療の必要はなく、局所再発のリスクもほとんどないと考えられる」との診断でした。
    万が一、セカンドオピニオンを受けず最初の病院の診断に従っていれば、今頃は大腸切除、人工肛門になっていたと思います。
    主治医に結果を報告したところ、近隣県内の病院ではこのような判断は困難で、今後の治療方針の参考にされるとのことでした。

  • 46歳 男性

    陽子線治療が受けられるケースかどうかを知りたい。

    人間ドックで右肺に1cm大の影があり、■■大学病院で検査。生検の結果、肺ガンと診断され、右上葉摘出手術をすすめられています。PETCT検査を実施し、転移はありませんでした。心筋梗塞の既往歴があって(血液をサラサラにする)薬を飲んでいるので、手術に不安があります。陽子線治療が可能であれば、受けたいと思っています。

ご利用の流れ

まずは、証券番号をご用意していただき、ガン総合サポートサービス専用の番号にお電話ください。

1 必要事項を伝える ガン総合サポートサービス専用番号へお電話いただき、スタッフに「証券番号」とお客さまの「お名前」をお伝えください。→2 ご利用いただくサービスを選ぶ ガン電話相談ダイアル、粒子線治療サポートサービス、セカンドオピニオンサービスの3つのサービスのなかから、どのサービスをご利用いただくかお伝えください。
● ガン電話相談ダイアル →3 専門スタッフに相談 専門スタッフが対応いたしますので、お電話代わりましたらそのままご相談ください。 ● 粒子線治療サポートサービス または セカンドオピニオンサービス →3 申し込み・ご予約 スタッフにセカンドオピニオンのお申し込み・ご予約をしてください。
→4 相談医と面談 必要とされた診察関連資料をご用意いただき、総合相談医と面談ください。※セカンドオピニオンサービスの場合、電話でセカンドオピニオンを受けることが可能な場合もあります。→5 医療機関の紹介 粒子線治療が適応と判断した場合、粒子線治療の医療機関を紹介します。→5 専門医の紹介 より高度な専門性が必要と判断した場合、優秀専門臨床医を紹介します。
受付時間 月〜土 9:00〜18:00(日・祝日・12月31日〜1月3日を除く)

専用電話番号について

本サービスはお電話からご相談ください。
専用電話番号につきましては、以下からご確認ください。

  • 書面で確認

    「保険証券」および「ご契約内容のお知らせ」に同封される<メットライフクラブのご案内>をご覧ください。

  • WEBで確認

    メットライフクラブにご入会いただくと、各サービスの専用電話番号が画面上でご確認いただけます。

    • 入会手続きはこちら
    • ログインして電話番号を確認する

ご利用にあたっての注意事項

  • このサービスは2016年10月現在のものであり、将来予告なく変更もしくは中止される場合があります。
  • サービスは、対象のご契約が有効の期間中ご利用になれます。
  • このサービスはティーペック(株)が提供します。保険契約による保障とは異なります。
  • サービスにより生じた損害・損失についてはメットライフ生命では責任を負いません。
  • ご利用者の状況や相談内容により、相談を停止・制限させていただく場合があります。
  • ご利用の際には諸条件があり、ご要望に添えない場合があります。

※セカンドオピニオンサービスのご利用にあたっての注意事項はこちらをご確認ください。

粒子線治療サポートサービス

  • このサービスは病名が判明している場合に限り実施可能です。また、すでに終了している治療についてのご相談は受けられません。
  • 同一病名でのご利用は年に1回となります。
  • 救急に関するご依頼は受けられません。
  • 入院や転院したい医療機関を紹介するサービスではありません。
  • 医療過誤や裁判係争中の問題に関するご相談は受けられません。
  • 被保険者が入院中の場合、代理としてそのご家族が当サービスをご利用になれます(被保険者の同意書が必要です)。ただし、粒子線治療を行う医療機関の紹介は行いません。
  • サービスを受けるためにかかる交通費等の経費、紹介された医療機関での診療にかかる費用は自己負担となります。
  • 医師の指定はできません。
  • 総合相談医との面談場所はティーペック(株)の指定した地域・場所(東京)となります。
  • 総合相談医との面談の際は、診察関連資料(診療情報提供書、検査データ等)をご利用者にてご用意ください。

その他の商品付帯サービス

  • 健康生活ダイアル24
  • セカンドオピニオンサービス
  • ベストホスピタルネットワーク/受診手配・紹介サービス
  • メンタルヘルスサポートサービス
  • 糖尿病総合サポートサービス
  • 入院サポートサービス
  • ガンこころのサポート
  • くらしの相談ダイアル(法律・税務相談)

M1610-0379

ご契約者の方へ

保険にご加入のお客さま(年金保険を除く)
カスタマーサービスセンター0120-881-796、月〜金 9:00〜20:00、土 9:00〜18:00、日・祝日・年末年始休み
年金保険にご加入のお客さま
ファイナンシャルサービスセンター0120-313-370、月〜金 9:00〜18:00、土・日・祝日・年末年始休み
金融機関窓口でご加入のお客さま
ファイナンシャルサービスセンター0120-056-076、月〜金 9:00〜18:00、土・日・祝日・年末年始休み

失効となっているご契約の解約返戻金のご請求について(PDF)

ペーパーレス手続申込オンライン書類確認サービスをご利用の方へ(ご契約のしおり/約款)