責任ある機関投資家としての価値を創造する

保険をご検討の方へ・商品一覧 : Collapsed
ご契約者の方へ : Collapsed
メットライフ生命について : Collapsed

責任ある機関投資家として、長期的な価値を創造するポートフォリオを運用し、ESG の原則に準じた投資判断を行います。
*ESGの原則:社会意思決定プロセスに、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の要素を取り入れること

関連するSDGs

日本において、責任ある機関投資家として、長期的な価値を創造するポートフォリオを運用し、ESGの原則を投資決定プロセスに組み込んでいます。

主な取り組み

事業を展開する地域社会での、経済の安定性と機会の創出

  • メットライフとメットライフ・インベストメント・マネジメントは、契約者および顧客のための投資を行い、持続的な雇用成長、投資リターンの獲得、金融の安定に寄与しています。2020年12月31日時点での運用資産残高は6,596億ドルです。
    *運用資産残高に関する情報はサステナビリティレポートのp112をご確認ください。
    Sustainability Report (English) (go to metlife.com) >
  • 2020年12月31日時点でのメットライフの責任投資額は740億ドル超です。これは総運用資産残高の11%以上に相当します。
    また、2020年度に新たに実行した責任投資額は100億ドル以上です。
    責任投資額 >

詳しくはこちら >

サステナビリティ重要課題

このページは、明示している場合を除き、2021年11月15日時点での情報を掲載しています。なお、「2020年度のグローバルでの主な取り組み」は2021年6月22日時点の情報を掲載しています。