保険をご検討の方へ・商品一覧 : Collapsed
ご契約者の方へ : Collapsed
メットライフ生命について : Collapsed

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(多様性、公平性、包括性)の実現に向けた職場環境の整備と文化の醸成への取り組み

当社では、社員の多様性(ダイバーシティ/Diversity)を尊重し、誰もが個性とその能力を発揮して互いに協働できる包括性(インクルージョン/Inclusion)のある職場環境と文化の醸成に積極的に取り組んでいます。
さらに、一人ひとりの違いを認識した上でツールやリソースへのアクセスに不均衡をなくし、誰もが平等の機会を得られるようにする「公平性(エクイティ/Equity)」の考え方を取り入れ、2020年よりメットライフ生命では「ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)」をグローバルで推進しています。
2022年のダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)優先事項は、2021年から掲げている女性の活躍推進、障がいのある社員の活躍支援、男性社員の育児休業取得推進を継続して推進していきます。2021年に策定した女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画と連動し、目標達成に向けて中長期の推進活動を目指します。そして、より多くのお客さまのニーズに沿った商品やサービスを提供するとともに、当社の企業目的や存在意義を示すPurposeを実践するために、お客さまに信頼され選ばれる生命保険会社になることを目指します。

社員の多様な働き方を支援する取り組み

優秀で多様な人材を惹きつけ、持続可能な柔軟性のある組織づくりを行うため、当社ではダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)の取り組みを実施しています。多様な価値観を持つ幅広い人材が活躍できるよう、社員それぞれに合わせた支援や働き方を実現するため、フレックスタイム、在宅勤務、育児・介護支援など柔軟に対応する制度の整備や、デジタル技術の活用により効率的な職場環境づくりを目指しています。

2020年から、コロナ禍における急速なリモートワーク拡大に伴い、システム関連の備品やネットワークの安定供給が迅速に行われました。同時に、「新しい働き方」に対応するための情報をいち早く提供し、子どもが休校中に在宅勤務をする社員同士が情報交換を行うオンライン座談会などを開催しました。

ファミリーサポートにも力を入れ、育児・介護休暇取得後の復職のための支援や職場環境を整備しています。長崎本社には設立時より事業所内保育所を設け、2018年からは全国に対応できるベビーシッターサービスの法人契約や育児・介護セミナーなども実施しています。

また、お客さまと社会に対して高い価値を提供し続けるためには、当社社員とその家族も、健康で生き生きと過ごせていることが大切だと考え、積極的に健康経営の実現に向けた取り組みにも尽力しています。 具体的な取り組みとして、定期的なメンタルハラスメント研修の実施や、社員の健康推進をサポートするモバイルアプリを活用したサービスを取り入れています。スマートフォンやパソコンから、健康診断結果の確認、健康状態に合わせた健康ニュースの配信や歩数計測・体重管理の機能の活用などが可能で、社員の健康的なワークスタイルの促進をサポートしています。

2020年より、社員の心身の健康をサポートするグローバルの取り組み『BeWell』が展開しました。一例として、社員の休暇取得を促進し、CSR活動と連動する“休んで寄付活”や、自粛期間を健やかに過ごす“ステイケーション・キャンペーン”などがありました。

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し始めた2020年3月からは、社外の専門家を招いて、社員の健康やメンタルヘルス、安全面など日々の活動に役立つ情報を提供するインフォメーション・セッションを開催しています。6月には部門単位で社内ガイドラインの周知と、現場のニーズを吸い上げる取りまとめの役割を担うヘルスケアチャンピオンを任命し、感染予防を推進しています。

このように健康的で働きやすい職場環境づくりの取り組みが認められ、2022年3月、昨年に続き経済産業省と日本健康会議による「健康経営優良法人認定制度」において、「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。2019年以来、4年連続での認定です。(参照: メットライフ生命健康経営宣言

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)に関する継続的な社員教育プログラムや組織文化の啓発活動にもさらに力を入れて取り組んでいます。グローバルで展開された「Inclusion Begins with Me(わたしから始めるインクルージョン)」プログラムは、DEIに関する情報提供やe-ラーニングを全社員が受講しました。日本では、 2019年より新たに『D&I Wave』(2021年より『DEI Wave』へ改称)という啓発月間を設け、テーマに応じた4つのセッションを開催しました。社員が自由に参加できるイベントやラーニングの機会を増やすことで、DEIをもっと身近に感じ、学べる機会を提供しています。2021年にはDEIカウンシルを設置し、さらなるボトムアップの施策を推進しています。

女性活躍推進の取り組み

当社では、多様な人材活用の一環として特に女性の活躍推進を重要な戦略として位置付けています。2022年1月1日時点の女性管理職比率(内勤職員と営業職員の合計)は16.7%となり、令和3年6月24日付に厚生労働省 雇用環境・均等局が発行した女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく一般事業主行動計画等に関する省令第 8 条第 1 項第 1 号イ(4)に定める「産業ごとの管理職に占める女性労働者の割合の平均値」の金融業・保険業13.3%を上回りました。

この数年の主な取り組みとしては、女性リーダーや管理職候補向けの女性リーダーシップ研修の実施など、女性が継続して活躍するための学習機会があります。2021年は女性社員向けメンタリングプログラムとスポンサーシッププログラムを一部導入しました。また、採用や昇進の選考では、ジェンダー平等を考慮し、女性の活躍推進機会を公平に提供しています。

これらの取り組みが評価され、 2018年に取得した「長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度(愛称:ながさきキラキラ企業【略称:Nぴか】)」を五つ星にて継続認証を受けています。
親会社である米国メットライフでは、ダイバーシティ&インクルージョンの分野において様々な賞を受賞しています(詳細はこちら)。

メットライフ生命の女性活躍推進に関する最新のデータは、女性の活躍・両立総合支援サイト内の「女性の活躍推進企業データベース」で公表しています。

女性の活躍推進企業データベース

女性活躍を推進するための産官学民連携を通じた啓発活動

メットライフ生命は、2020年12月に長崎市と、2021年3月に長崎県と包括連携協定を締結しました。協定項目の1つである「次世代を担い、産業を支える人財育成に関すること」について、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)の観点から若者や女性を対象とした、地域で活躍する人財育成と、地元定着の推進に向けた取り組みに協力していきます。
内閣府による「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に、当社社長も男性リーダーの一人として2015年より賛同・参画しています。この行動宣言は、当社のダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)に対するコミットメントと共通するもので、男性リーダーとして女性の活躍にさまざまな支援を行うことを宣言するものです。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」ホームページ(内閣府男女共同参画局)

2020年、メットライフは、国連と協力して職場と社会における男女平等を促進するために、国連ウィメンと国連グローバルコンパクトが作成した一連のコミットメント「国連女性エンパワーメント原則」に署名した初の米国を拠点とする保険会社になりました。2020年第4四半期にはジェンダーギャップ分析調査をグローバルで実施し、各国で改善活動を進めています。

メットライフ生命シンポジウム - 国際女性会議WAW! シャイン・ウィークス公式サイドイベント

障がいのある社員(PWDA)への活躍支援

People with Different Abilities (PWDA) とは、さまざまな能力を持った人々を意味します。メットライフ生命は、障がいとはとらえず、個々の特性も能力のひとつとしてとらえ、社員一人ひとりの自主性を尊重し受け入れ、活躍できる文化の醸成に取り組んでいます。定期的にPWDA社員とともに働く上で必要な配慮や障がいの特性を学ぶセミナー等を開催したり、通常業務での役割分担・機会創出を図っています。

また、2020年より全社会議や社内セミナーへオンライン手話通訳を導入するなど、障がいの有無に関わらず能力を発揮して共に働ける環境を整えています。そして、その学びを活かして、少しでも多くのお客さまのニーズに応えられるように挑戦し続けています。

メットライフ生命アカデミー・ブリッジの設立

メットライフ生命アカデミー・ブリッジは、当社長崎本社に設立した長崎ジョブトレーニングセンター(2014年10月設立)の発展形として、2020年11月に東京および長崎にキャンパスを設立いたしました。当アカデミーは、メットライフ生命の社会支援・地域貢献活動の一環として、PWDAの雇用機会の拡大に寄与することを目的としています。前身である長崎ジョブトレーニングセンターにおいて培ってきたノウハウから構築したプログラムを展開し、且つ、職場での業務体験を通し、「働き続ける」ためのスキルアップの機会を提供しています。