このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

日本版スチュワードシップ・コード

当社は、「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫の趣旨に賛同し、その受入れを表明します。
当社は、責任ある機関投資家として、その責任を果たすために、「スチュワードシップ責任への対応方針」を定めるとともに、≪日本版スチュワードシップ・コード≫の諸原則に沿って定めた「スチュワードシップ責任を果たすための活動指針」に従って活動します。

スチュワードシップ責任への対応方針

当社は、機関投資家として、「目的を持った対話」などを通じて、投資先企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことにより、顧客等の中長期的な投資リターンの拡大を図る責任(スチュワードシップ責任)を有しています。
当社は、その責任を果たすために、≪日本版スチュワードシップ・コード≫に定められた諸原則に沿い、投資先企業の状況の的確な把握、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」(エンゲージメント)及び明確な方針のもとで行う議決権行使などの活動(スチュワードシップ活動)を通じて、投資先企業の持続的成長を促します。

スチュワードシップ責任を果たすための活動指針

  1. 当社は、「スチュワードシップ責任への対応方針」に基づいて、スチュワードシップ責任を果たします。
  2. 当社は、スチュワードシップ責任を果たす上で管理すべき利益相反について、当社の定める規程に基づいて管理します(注1)。
  3. 当社は、投資先企業の持続的成長に向けてスチュワードシップ責任を適切に果たすため、当該企業の状況を的確に把握します。
  4. 当社は、投資先企業との建設的な「目的を持った対話」を通じて、投資先企業と認識の共有を図るとともに、問題の改善に努めます。
  5. 当社は、投資先企業の持続的成長に資することを目的として定めた議決権行使に関するガイドラインに基づいて、議決権を行使します(注2)。
  6. 当社は、議決権の行使も含め、スチュワードシップ責任をどのように果たしているのかについて、顧客等に対して年に1度以上報告を行います。
  7. 当社は、投資先企業の持続的成長に資するよう、投資先企業やその事業環境等を深く理解するとともに、当該企業との対話やスチュワードシップ活動に伴う判断を適切に行います。

議決権行使結果

(注1) 当社の定める規程の概要については、「利益相反の管理について」をご覧ください。
(注2) 当社の定める議決権行使に関するガイドラインに基づいて、当社は保有株式に関する株主議決権の行使に際しては、経営者の判断を尊重しつつ、資産運用者としての責任を踏まえ株式価値の最大化という観点から、原則全ての議案に対して適切に行使することとしています。個別議決権の行使にあたっては、投資先企業の業績および財務状況、資本政策、株主への利益還元姿勢、コンプライアンス態勢などの視点から、議案ごとに確認を行い、個別に検討を行ったうえで、賛同又は不賛同の判断を行うこととしています。

最終更新日:2016年8月25日