このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

ここから本文です。

生命保険料の控除について

「生命保険料控除」という税法上の特典について、最新の制度改正を解説します。

  • 改正についてのお知らせ
  • 生命保険料控除制度について
  • 適用限度額と各控除額について
  • 控除証明書とは

生命保険料控除証明書の再発行をご希望の方へ

生命保険料控除証明書の再発行に関するお手続きについては、こちらをご覧ください。

生命保険料控除証明書の再発行手続き

改正内容

平成22年度の税制改正にともない、平成24年1月1日以降新たに締結した生命保険契約等については、税制改正後の生命保険料控除制度が適用されます。

また、平成23年12月31日以前に契約締結された生命保険契約等についても、平成24年1月1日以降に新契約とみなす契約変更(「更新」・「特約の中途付加」等。以下、更新等という。)を行った場合には、更新等の日以降の保険料に対して改正後の制度が適用されます。

  • ※保険金額の増減額や契約者の名義変更、生命保険料控除制度適用対象外の特約中途付加等は新契約とみなす契約変更に該当しません。
  • ※以下、改正前の制度を「旧制度」、改正後の制度を「新制度」として記載いたします。

ポイント1:介護医療保険料控除の新設

「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」が新設されました。

  • ※「介護医療保険料控除」については、介護・医療保障を対象とした契約が適用対象となります。
    ご契約の保険名称と控除区分の名称については一致しない場合もございますので、ご注意ください。

ポイント2:各保険料控除の適用限度額の変更

一般生命保険料控除・個人年金保険料控除の対象となる契約に係る保険料の適用限度額が、それぞれ所得税4万円・住民税2.8万円に変更になります。
(旧制度は所得税5万円・住民税3.5万円)

  • ※新設された介護医療保険料控除についても適用限度額は所得税4万円・住民税2.8万円となります。

ポイント3:制度全体の適用限度額の変更

一般生命保険料控除・個人年金保険料控除および介護医療保険料控除をあわせた全体の適用限度額が、所得税の場合、12万円に変更になります。
(旧制度は所得税10万円、住民税の場合は限度額が7万円のまま変更ありません。)

ポイント4:適用枠の判定

旧制度は主契約の保障内容により各保険料控除を適用しておりましたが、新制度は主契約と特約の保険料について、それぞれの保障内容を判定して、各保険料控除が適用されます。

ポイント5:生命保険料控除の対象外となる特約等の取扱いについて

身体の傷害のみに起因して保険金が支払われる特約等に係る保険料は、生命保険料控除の対象外となります。

ご契約者の方へ

保険にご加入のお客さま(年金保険を除く)
カスタマーサービスセンター0120-881-796、月〜金 9:00〜20:00、土 9:00〜18:00、日・祝日・年末年始休み
年金保険にご加入のお客さま
ファイナンシャルサービスセンター0120-313-370、月〜金 9:00〜18:00、土・日・祝日・年末年始休み
金融機関窓口でご加入のお客さま
ファイナンシャルサービスセンター0120-056-076、月〜金 9:00〜18:00、土・日・祝日・年末年始休み

失効となっているご契約の解約返戻金のご請求について(PDF)

ペーパーレス手続申込オンライン書類確認サービスをご利用の方へ(ご契約のしおり/約款)

最終更新日:2014年7月1日