保険をご検討の方へ・商品一覧 : Collapsed
ご契約者の方へ : Collapsed
メットライフ生命について : Collapsed

子どものよりたしかな未来のための支援

 

日本では多くの子どもたちが、社会的・経済的に適切なサポートが得られていない状況が続いています。メットライフ生命は、未来を築く子どもたちを支援するさまざまな取り組みを行っています。

安心できる環境で、子どもたちが自立し生き抜く力を育む 「子ども第三の居場所」支援

メットライフ生命は、「メットライフ財団× 日本財団 高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」の一環として、ひとり親世帯や親の共働きによる孤立や孤食、発達の特性による学習や生活上の困難、経済的理由による機会の喪失など、課題に直面している子どもたちを対象にした放課後の居場所「子ども第三の居場所」の建設・活動を支援しています。今後、国内2カ所で開設する予定です。

日本財団が展開する全国の子ども第三の居場所におけるボランティア活動として、社員が金融教育や校外学習プログラム(フィールド・トリップ体験)を実施しました。

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

困難な家庭環境にある子どもたちへの支援
奨学金や子ども食堂の運営をサポート

日本には虐待や貧困などの家庭環境により、学校に行けない、温かな食事をとることができないなどのさまざまな問題を抱える子どもたちがいます。メットライフ生命では、そうした子どもたちの明るい未来のため、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション(ODD)」による寄付を通じて、「すべての子どもに、チャンスを。」を掲げて活動する認定NPO法人「リビング・イン・ピース(LIP)」の児童養護施設退所者向け奨学金や、子ども食堂の運営を支援しています。

認定NPO法人リビング・イン・ピース
社会貢献プログラム ワンダラー・ドネーション

子どもたちへの支援

子どもたちに触れ合いと体験の機会を
児童養護施設の子どもたちへの支援活動

メットライフ生命は特定非営利活動法人ハンズオン東京と協働し、児童養護施設の子どもたちのためのさまざまな活動を行っています。
社会との触れ合いの機会が少ない子どもたちのための交流イベント・清掃活動や料理教室、水族館見学などに、メットライフ生命の社員がボランティアとして参加し、子どもたちだけでなく社員にとっても貴重な体験の場となっています。また、社員ボランティアが作成した手作りのマスクケースや森林からの端材を活用した箸の寄付も行っています。

特定非営利活動法人ハンズオン東京

子どもたちへの支援活動

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり

その他のCSR活動

CSR月間

災害支援

メットライフ財団