保険をご検討の方へ・商品一覧 : Collapsed
ご契約者の方へ : Collapsed
メットライフ生命について : Collapsed

100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり

 

未来に生きる子ども達に、豊かな森林や地球環境を引き継いでいくために

世界では、森林破壊による地球温暖化や生態系の崩壊、災害による人的被害が深刻化しています。森林保護・森林保全は、重要な課題の一つとなっており、さまざまな取り組みが行われています。

メットライフ生命でも、持続可能な社会の構築を目指し、気候変動や生物多様性の喪失等の環境問題への取り組みを進めています。健全な森林育成を通じた環境保護活動を目的に、メットライフ財団からの寄付により、公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)と協働で「100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり」を開始しました。 

このプログラムでは、循環型林業とサステナブルなエコヴィレッジの実現を目指すNPO法人しんりんが管理する宮城県大崎市の「エコラの森」での活動を中心に、「環境保全」「ボランティア」「環境教育」からなる次の活動を行っていきます。

プレスリリース
公益社団法人 日本環境教育フォーラム(JEEF)

子ども達に感謝される森づくりプログラム

メットライフ生命創立50周年記念事業 「メットライフ財団の森」

エコラの森は、乱伐され荒廃した森林で、NPO法人しんりんが、森の再生活動に取り組んでいます。メットライフ財団の寄付により、植樹されるこのエリアは「メットライフ財団の森」と名づけられ、社員が植林・保全活動を行っていきます。

メットライフ財団の森保護活動

「つなぐ!お箸プロジェクト」

エコラの森から出た建築端材を活用し、社員ボランティアがお箸を製作しています。これらのお箸は、子ども食堂や、児童養護施設、自然学校など全国の子どもたちに寄贈されます。今後、この活動のさらなる活性化を図り、より多くの子ども達にエコなお箸をお届けします。

つなぐ!お箸プロジェクト

高齢者・子どもへの寄付講座

環境教育の一環として、シニアおよび子ども向けの自然体験&講義を実施します。シニア向けでは健康的なQOL(Quality of Life)の追求、子ども向けでは自然環境との触れ合いによる環境意識の向上を目指します。

高齢者・子どもへの寄付講座

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり

その他のCSR活動

CSR月間

災害支援

メットライフ財団