保険をご検討の方へ・商品一覧 : Collapsed
ご契約者の方へ : Collapsed
メットライフ生命について : Collapsed

メットライフ財団×日本財団 高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

 

3年間で高齢者施設10施設、子ども向け施設2施設、計12カ所の設置を目指して

日本では、約8割の方が病院で亡くなる一方、約8割が人生の最期を迎えたい場所として自宅を望むという結果*1が出ています。超高齢社会が加速する日本において、人生の最期を自分らしく安心して迎えられる環境が求められています。また、未来の日本を担う子どもたちは、約7人に1人が相対的貧困の状況にあり*2、コロナ禍において、経済・教育格差がさらに拡大していることが懸念*3されており、困難な状況にある子どもたちを支援することは喫緊の課題です。

こうした社会的背景を踏まえ、メットライフ生命は、サステナビリティの取り組みにおける「地域社会」への活動として、メットライフ財団から4 億円の支援を受け、日本財団との包括的コミュニティーエンパワメントプログラム「メットライフ財団× 日本財団 高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」を推進しています。今後、2024年までの 3 年間で、高齢者ホスピス 10 施設と、困難な状況にある子どものための施設「 子ども第三の居場所」2 施設の計12 カ所の開設を目指すとともに、日本財団が支援した全国の高齢者および子ども向け施設における社員のボランティア活動を通じて、豊かな地域社会づくりに長期的に貢献していきます。

高齢者への取り組み
子どもへの取り組み
プレスリリース
日本財団

*1厚生労働省2017年度「人生の最終段階における医療に関する意識調査」
*2厚生労働省 「2019年国民生活基礎調査」
*3 日本財団、三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社 「コロナ禍が教育格差にもたらす影響調査」

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

人生の最期を自分らしく迎えられる居場所づくり - 高齢者ホスピス支援

メットライフ生命は、「メットライフ財団× 日本財団 高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」を通じて、高齢化が進行する日本で、高齢者が住み慣れた地域で家庭的な環境のもと最期まで安心して暮らせる終の棲家として、高齢者ホスピスを提供する取り組みを行っています。2024年上半期までに、国内10カ所の開設を目指しており、地域のホームヘルパーや訪問看護師、ボランティアが連携し、医療・介護・予防の体制を整え、生活支援を行なっていきます。

ホスピスでのボランティア活動として、高齢者ご自身が人生を振り返って語られる内容を聞き書きし、小冊子にまとめてご本人やご家族に渡す「聞き書きボランティア」に社員が参加していきます。人生の大先輩から、その経験、体験、知識、知恵を伺い、後世に伝える橋渡しをするこの取り組みは、次の世代へ命をつなぐ活動といえるでしょう。

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

安心できる環境で、子どもたちが自立し生き抜く力を育む 「子ども第三の居場所」支援

メットライフ生命は、「メットライフ財団× 日本財団 高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」の一環として、ひとり親世帯や親の共働きによる孤立や孤食、発達の特性による学習や生活上の困難、経済的理由による機会の喪失など、課題に直面している子どもたちを対象にした放課後の居場所「子ども第三の居場所」の建設・活動を支援しています。今後、国内2カ所で開設する予定です。

日本財団が展開する全国の子ども第三の居場所におけるボランティア活動として、社員が金融教育や校外学習プログラム(フィールド・トリップ体験)を実施しました。

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム

100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり

その他のCSR活動

CSR月間

災害支援

メットライフ財団