このサイトでは、スタイルシートを有効に設定していただくことで最適なコンテンツをご覧いただけます。

ページの先頭です。

MetLife 生命保険のメットライフ生命

以下より、ログインするサービスを選択してください。

インターネットで保険商品を申し込み中の方

インターネット申込の再開、お申し込み状況の確認などを行うことができます。

インターネット申込サービス 再開/状況確認

ペーパーレス手続申込(対面)で保険商品を申し込まれた方

お申し込み関連書類、約款などの確認を行うことができます。本サービス専用の「お客さまID(数字11桁)」をお持ちの方がご利用いただけます。

ペーパーレス手続申込 オンライン書類確認サービス

ご契約者の方

ご契約内容の照会や住所変更、その他書類のダウンロードなどを行うことができます。(Eから始まる10桁のID「Exxxxxxxxx」をお持ちの方)

インターネットサービス

疾病予防から治療後のケアの段階まで幅広いサポートサービスの専用ダイヤルの確認のほか、お得なレジャー・旅行メニューをご利用いただけます。※リロクラブのサイトに遷移します。

メットライフクラブ

ここから本文です。

子ども・若者の自立支援

日本の未来を担う子ども・若者が、自らの力で人生を切り開いていくために、様々な支援を行っています。

TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program

グローバルに活躍する未来の女性リーダーを育成

在日米国大使館と公益財団法人米日カウンシル・ジャパンとのパートナーシップに基づき「TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program」を2013年に立ち上げました。高い目的意識を持つ日本の女子大学生と、メンターとなる中堅日本人女性リーダーがペアを組み、約1年間におよぶプログラムを通じてリーダーシップスキルを磨きます。このプログラムを通じて、大学生たちが女性として才能を活かしキャリア形成を図れるよう支援しています。

TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program

ジョブシャドウ ‐高校生のための職場体験プログラム‐

「働くこと」の意味に触れる機会を提供

メットライフのグローバルパートナーである非営利団体ジュニア・アチーブメントと協働し、将来の進路や仕事について考えるきっかけづくりを目的としたプログラムを実施しています。高校生ひとりが社員ひとりに、数時間シャドウ(影)のようについて回り、仕事に打ち込む姿を身近で観察できる機会を提供します。

公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本

児童養護施設の子どもたちの自立支援

子どもたちのライフスキルや好奇心を育む

特定非営利活動法人ハンズオン東京とともに、児童養護施設の子どもたちとのイベントを実施しています。子どもたちとの交流・清掃活動やプロのシェフを招いて料理や文化を学ぶ料理教室などを行い、児童にも社員にも貴重な体験の場となっています。

また、2016年10月に実施したメットライフ初の「CSR月間」では、 全国で3,847人の社員およびその家族・代理店が、全国チャリティ清掃活動や子どもたちをとりまく社会課題を学ぶための勉強会に参加しました。メットライフ生命は、この参加人数に応じた額を、社会的養護下にある子どもたちの支援を行う特定非営利活動法人Living in Peaceに、児童養護施設等を卒業した子どもたちの奨学金として寄付しました。

特定非営利活動法人ハンズオン東京
特定非営利活動法人Living in Peace

ガールスカウト日本連盟との協働による金融教育プログラム

女子小中高生にお金との正しい付き合い方をレクチャー

公益社団法人ガールスカウト日本連盟と協働し、全国で700名を超える女子小中高生を対象に金融教育プログラムを提供しました。小学生には、お金の価値や使い方について学ぶ機会を、中高生には、「未来セミナー」として、お金のことを学びながら「夢を実現させるためにはどのような道があるのか、そして今できることは何か」と自分の将来について考える機会を提供しました。

公益社団法人ガールスカウト日本連盟

再生パソコンの寄贈

子どもの自立支援を行う非営利団体を通じ、PCを寄贈

再生パソコンとは、メットライフ生命の業務用パソコンを再生し、新しく利用できるようにしたものです。寄贈先では、学習や情報収集、資料の作成などに活用されています。

最終更新日:2017年6月22日